「円満退職が絶対条件です」


これまで何度も申し上げている通り、退職するにあたって、自ら事を荒たてるようなことがない
ように十分注意して下さい。どんなに会社に対して不平不満があっても円満退職が絶対です。


退職が決まると突然変異する方が少なくありません。これまで職場で我慢してきた不満を退職
をきっかけに晴らすかのごとく、態度が横柄になる人を何人もみてきました。


転職前にヘタなことをすると、 新しい職場で前職でやらかした失態の噂が広がり、 窮地に追い
込まれるなんてこともあるかもしれませんので、くれぐれも注意してください。

【 薬剤師限定 】 通勤30分以内! 550万円以上の求人あり! >>





「退職願いを出すタイミングについて」


退職するにあたって、まず直属の管理薬剤師や薬剤部長に相談するのが一般的とされてます。
退職届を出して会社側に受理されてしまうと、撤回することが出来ませんので注意してください。


退職願いを提出タイミングに関しては、やはり色々迷われると思います。どうしても先延ばして
しまいがちですが、どんなに遅くても一ヶ月前には提出したほうがいいでしょう。


民法上は2週間前に提出すれば良いことになってますが、退職するにあたり、他の職員に薬局
業務の引き継ぎ、後任薬剤師の選定や募集などのことを考慮して1ヶ月前には提出しましょう。





「退職届けは誰にだすのか?」


これまで何度も申し上げている通り、退職するにあたって、自らことを荒たてるようなことがない
ように十分注意して下さい。どんなに会社に対して不平不満があっても円満退職が絶対です。


その会社の就業規則によっては、何らかの役職がついている場合は、もっと早めに退職願いを
提出するように求めている場合もありますので、就業規則は必ず読むようにしてください。


基本的に退職願いの内容は会社社長あてに書くわけですが、提出するのは直属の上司です。
間違えると色々モメることになりかねませんので、くれぐれも注意してください。

【 土日休み、残業なし、家近、駅近 】 薬剤師専門サイトで見つける好条件求人 >>


« | »

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。

« | »