「就業規則をきちんと読む!」


退職する前に、まずきちんと就業規則を読んでおきましょう。ここでいう就業規則とは、従業員
である薬剤師さんが職場にてトラブルに巻き込まれないように、 労働時間や、 賃金、 その他
色々な項目が、各条件ごとに会社(病院、調剤薬局)のルールとして記載されています。


ここで大切なのは、就業規則の退職に関してです。目が届くところに就業規則が常にあるので
あれば問題ないですが、どこにあるか分からない場合が圧倒的に多いと思います。


その場合就業規則を探さなければなりません。当然いきなり就業規則を探しているとなれば、
怪訝に思うことでしょう。「 何に使うのか? 」と、問われれば、「給料、ボーナスの査定がどうな
っているか知りたいから」と答えてください。これでまず問題ないでしょう。

【 薬剤師限定 】 通勤30分以内! 550万円以上の求人あり! >>





「退職に関する情報を集中して読む」


基本的に就業規則は、常時10名以上の従業員がいる会社は必ず作成して提出することが
法的に義務付けられていますが、規模が小さい家族的な会社ではない場合も多いです。


しかし、大半の会社では作成しています。必ず就業規則を探して大事な部分を読み込んで
置く必要があります。もちろん退職についての項目をしっかり読み込んでおいてください。


退職願いについては、最低1か月前には出すようにといった注意書きがなされている場合が
圧倒的に多いのですが、これも勤務している会社の規模によって大きく異なります。





「薬剤師転職サイトのビジネスモデルについて」


たとえば、もし就業規則に最低3ヶ月前に退職願いを提出することが記載されていたとしても、
これには法的拘束力がありません。会社の経営者の要望と考えておけばよいでしょう。


ちなみに民法では二週間で退職できるので、これらはあくまでも新しい薬剤師さんを補充する
上でスムーズに行うため設定されていますので、全く気にする必要はありません。


地方では薬剤師の補充が大変なので、 退職願い提出期間をかなり長めに書いてありますが、
上手くいっているとは思えません。より医師の皆様の流出が加速するだけだと思います。

【 土日休み、残業なし、家近、駅近 】 薬剤師専門サイトで見つける好条件求人 >>



« | »

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。

« | »