「退職願いは直属の上司へ」


まず転職を決意したなら、退職について報告しなければなりません。ここで問題となるのが、
だれに退職する意志を報告するかです。必ず直属の上司に報告してください。


直属の上司を飛び越えてしまうと、上司の方も他の人から初めて退職することを耳にする
こととなり、管理能力が問われてしまいますので、ここはしっかり筋を通してください。


今の時代転職することは前向きなことであって、人から非難されるようなことではありません。
しかし軽はずみな行動は厳禁です。今一度しっかり、「本当に辞めるべきか?」考えましょう。

【 薬剤師限定 】 通勤30分以内! 550万円以上の求人あり! >>





「退職理由は必ず前向きな答えを」


退職理由についてですが、人間関係、会社の不満で転職することを決意したとしても、必ず
前向きな答えに置き換えて上司に説明してください。不平不満は絶対に控えてください。


仮に不平不満を怒り任せにぶちまけても、薬剤師としての評価を下げるだけです。この業界
は広いようで本当に狭いです。新し職場で前の職場での問題が噂になることもあるんです。


いわれのないことで嫌な思いをする必要はないので、退職理由を上司に述べるさには、大人
の対応をこころがけてください。また、報告するまえに必ず就業規則を読み込んでください。


退職に関する規則を理解したうえで常識的期間内で手続きを行いましょう。もしも有給を消化
することを考えているのであれば、早めに退職の相談、退職届けを提出してください。




「退職までのスケジュール」


ただ何となく辞めたいと転職に関する明確な目的・目標がないにもかかわらず、転職を検討
される薬剤師さんが増えています。そうした背景には職場環境の悪化があげられます。


徹底的に効率化が図られるので、そうなるのも理解できます。そういった方には、とりあえず
薬剤師転職サイトに登録だけして、転職市場の動向を確かめてみることをオススメします。


求人情報から他社の給料がどれくらいなのかを知るだけでも気持ちの整理がつくものです。
キャリア・コンサルタントと面談すればキャリアプランが明確になることも往々にあります。


「転職を決意」

ご家族と相談して合意を得る


「退職2ヶ月前」

次の就職先の選定・調査

直属の上司へ退職の意思を伝える

有給消化を考慮した退職日を決める



「退職1ヶ月前」

退職願いの提出

職場内で業務の引き継ぎ

転職先へ随時状況を報告



「退職10日前~当日」

同僚、上司にきちんと挨拶

医師、病院スタッフに挨拶したうえで後任薬剤師を紹介

取引先に挨拶したうえで後任薬剤師の紹介


【 土日休み、残業なし、家近、駅近 】 薬剤師専門サイトで見つける好条件求人 >>


« | »

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。

« | »