「かならず引き止められる?」


薬剤師さんが転職に失敗する理由は色々ありますが、その一つとして慰留されたことによって
「退職できない」ケースが少なからずあります。必ず慰留されると思って間違いないです。


あっさりと退職を認められるのは、会社側にとって不要な人材であると判断されたのかもしれま
せん。それは冗談にしても、まったく引き止められないというのもかなり問題ですよね。


よほど普段の職務態度に問題があるのでしょう。というのも、依然として薬剤師の売り手市場が
続いているため、どこも自力で薬剤師さんを確保するのが非常に困難な状況にあるからです。


【 薬剤師限定 】 通勤30分以内! 550万円以上の求人あり! >>





「退職理由があいまいだと簡単に引き止められる?」


当然のことながら薬剤師がいなくれば薬局、ドラッグストア、病院で薬剤業務ができなくなるわけ
ですから、優秀な薬剤師であればあるほど絶対に手放したくないと思うのが普通です。


ですので、転職する意思があまりにも希薄であれば、簡単に会社側の引き止め工作に抑えこま
れますので、退職する前にしっかりと転職する目的と目標を明確にしなければなりません。


反対に引き止めにくいのは、しっかり薬剤師としての将来的なキャリアプランが明確に描けていて、
それに向かって進むために転職するといった、強い意思をみせつけられたら手も足も出ません。





「退職届けは余裕をもって提出しよう!」


退職するにあたって、法律上では二週間前に退職願いをだせば良いことになっていますが、当然
これでは職場は混乱します。新しい人材を確保したり、引き継ぎを行わなければなりません。


ある程度余裕をもって退職願いを提出して、きれいに退職しましょう。あまりにも期間が短すぎると、
ぜったいにもめます。もめて退職しても良いことは全くありません。逆に損するかもしれません。


というのも、残された職場の人達はあなたが転職したことによって、とてつもない迷惑をこうむること
となり、あなたについての良からぬ噂を流すことだってあるかもしれません。


「うちの会社にそんな力のある人はいないから」とたかをくくっているとしたら大間違いです。私は、
過去に転職した人を誹謗中傷するような噂を何回も耳にし、トラブルにあう姿を目にしてます。


不必要なトラブルを避けるためにも、余裕(1ヶ月以上)をもって退職の手続きを行ってください。


【 土日休み、残業なし、家近、駅近 】 薬剤師専門サイトで見つける好条件求人 >>



« | »

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。

« | »