「なぜ引き継ぎが大切なのか?」


退職願が受理され、晴れて退職が認められれば内定が決まったところへ無事転職できるわけ
ですが、引き継ぎを行わなければなりません。その中でも大変なのは管理薬剤師です。


効率よく引き継ぎを行うためにも、あなたの後任の薬剤師さんと一週間程度一緒に働きながら
それぞれの仕事について詳しく教えてあげるのが理想なのですが、そこまではできません。


注意して頂きたいのは、もう転職先がきまっているからといって、引き継ぎをないがしろにする
ことです。適当なことを教えたら、これまでお世話になった人達の顔にドロ塗ることになります。


【 土日休み、残業なし、家近、駅近 】 薬剤師専門サイトで見つける好条件求人 >>






「引き継ぐさいのポイントについて」


引き継ぎするにあたって、以下の点は絶対にしっかり教えてあげてください。


職場の仕事に関するルール

薬の処方のやり方と説明について

病院さんの特徴、ドクターの特徴

特徴のある患者さんのリストを作成する

仕入先の情報について

MRさんの対応や引き継ぎ情報

職場のスタッフの特徴や仕事で進め方について



薬の説明、使用法、分包方法など特殊例など「1ヶ月~90日に一回の事や朝の朝礼から業務
終了までの一連の流れなどを思い浮かべて、必要な情報や注意点や工夫なども重要です。


そして、調剤薬局では医師の先生方や、病院さんとの関係が良い意味でも悪い意味でも強い
ので、人によっては自分が働きやすい環境を手に入れるために様々なことを行っています。


例えば医師の先生の誕生日にプレゼントを贈ったりしているので、こうした人脈的な部分を上手
に引き継ぐことによって、引き継ぐ相手に感謝されるので、退職後も問題が起きにくいです。





「後任の薬剤師さんが働きやすいようにする」


退職することが決まれば、できるだけ早い段階で門前ドクターに後任の薬剤師の紹介をしなけれ
ばなりません。この点は、直属の上司とよく相談したうえで決めなければなりません。


また、今あなたが抱えている仕事も引き継ぎします。調剤業務以外の仕事や、患者さんとの約束、
ドクターとの約束や提出物など、この辺の残務整理や引き継ぎもきちんと行ってください。


ただ引き継ぎを行えばいいというわけではありません。進捗状況を随時報告しなければなりません。
後任の薬剤師さんをはじめ、職場のスタッフが困らないように必ず連絡先を伝えておいてください。


【 土日休み、残業なし、家近、駅近 】 薬剤師専門サイトで見つける好条件求人 >>


« | »

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。

« | »