転職するにあたって同時に退職を進めていかなければなりません。円満退職する ためのポイントについて、分かりやすく解説しています。
「退職前にかならずご家族に相談!」 転職するには今現在勤務されている会社を退職しなければなりません。退職する前に転職 が決まればいいですが、そうならないことも想定した上で進めなければなりません。 転職先が決まらない状態で退職するとなれば、
「就業規則をきちんと読む!」 退職する前に、まずきちんと就業規則を読んでおきましょう。ここでいう就業規則とは、従業員 である薬剤師さんが職場にてトラブルに巻き込まれないように、 労働時間や、 賃金、 その他 色々な項目が、各条件ごとに会
「退職願いは直属の上司へ」 まず転職を決意したなら、退職について報告しなければなりません。ここで問題となるのが、 だれに退職する意志を報告するかです。必ず直属の上司に報告してください。 直属の上司を飛び越えてしまうと、上司の方も他の人か
「退職願いは口頭でもOK?」 本来であれば「退職願い」「退職届」は、書面で提出しなくても口頭だけで法律上は、全く問題 ありません。これはあくまでもマナーとして形式的に作成することになっているだけです。 会社によって、独自のルールを設けてい
「円満退職が絶対条件です」 これまで何度も申し上げている通り、退職するにあたって、自ら事を荒たてるようなことがない ように十分注意して下さい。どんなに会社に対して不平不満があっても円満退職が絶対です。 退職が決まると突然変異する方が少なく
「かならず引き止められる?」 薬剤師さんが転職に失敗する理由は色々ありますが、その一つとして慰留されたことによって 「退職できない」ケースが少なからずあります。必ず慰留されると思って間違いないです。 あっさりと退職を認められるのは、会社側
「なぜ引き継ぎが大切なのか?」 退職願が受理され、晴れて退職が認められれば内定が決まったところへ無事転職できるわけ ですが、引き継ぎを行わなければなりません。その中でも大変なのは管理薬剤師です。 効率よく引き継ぎを行うためにも、あなたの
「有給をできるだけ消化しましょう!」 会社側が正式に退職が認められ、業務の引き継ぎを行いながら、在職中に有給を消化したい と思うわけですが、実際のところ有給をほとんど消化せずに辞められる方が大半です。 しかし有給を取ることは法律的に認めら
「退職金がいつ支給されるのか事前に確認する」 無事職場を退職し、転職先での仕事がスタートした後に気になるのが、いつまでに退職金が 支給されるかですよね。退職後すぐに転職先で働ければ特に問題はありません。 しかし 退職してから実際に勤務する
「退職するさいの注意点」 退職するさいに、色々と会社からもらわなければならない書類等があります。退職するから 関係ないというわけにはいきませんので、できるだけ円満退職を心がけて下さい。 以下のとおり簡単にまとめさせていただきました。これら