「転職先によって必要となる経験や知識が異なります」


薬剤師として働けるのは調剤薬局や一般の薬局、病院だけではありません。保健衛生施設、
学校、医薬品開発企業など、様々な所で求められており、依然として増加傾向にあります。


よりよい職場環境を見つけようと思えば、さほど難しくありませんが、良い求人案件に対して
は、多くの薬剤師さんが応募しますので、簡単に転職できるというわけにはいきません。


病院で勤務される場合、注射による薬剤投与が中心となりますので、調剤薬局ほど医薬品
に関わる場面が少ないですが、薬学以外にも科学の知識が必要となります。



「医薬品開発企業での薬剤師の仕事とは?」


また、医薬品開発企業で働くとなると、すでに市販されている医薬品に対する知識よりも、
より深い科学の知識が必要で、新薬開発までのプロセスは気が遠くなるほど長いです。


毎日のように顕微鏡を見ては記録を取り、データを確認しながら論議を交わし、様々な実験
を繰り返しては、また記録にとり、データを見ながら考察していかなければなりません。


仕事自体は非常に単調ではありますが、新薬を開発したときの喜びは体験した人しか分か
らないほど大きなものです。こうした緻密な作業を行える人が世界を確実に変えています。



「医薬品開発企業への転職について」


単調な観察とデータ入力、データ解析を苦もなく行える人が向いているわけですが、機械的
これらの作業を行うだけではダメなんです。新薬開発は常に考えなければならないからです。


こうした点を考慮したうえで、病院や医薬品開発企業へ戦略的にアプローチする必要があり
ます。思考する力は必須うなので、そうした経験を履歴書内でアピールしましょう。


場合によっては何かテストがあるかもしれませんが、転職するにあたって求人サイトを利用
されることをオススメします。傾向と対策が事前に分かれば、本番で力を発揮しやすいです。


「リクナビ薬剤師」の公式サイトはコチラ >>


« | »

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。

« | »