「求人誌を買うと損をする?」


一般の求人情報誌には薬剤師関連の求人はほとんどありません。薬剤師の求人だけでなく、
医療系の仕事全般が少ないです。当然のことながら需要が無いわけではありません。


基本的に薬剤師など医療系の仕事は未公開求人が大半であるため、求人誌で取り扱われる
ケースが少ないんです。これは医療機関が常に人材不足にあることが原因です。


人材不足であるなら、より多くの人の目にとまる媒体を利用した方が良いように思われますが、
一人入ってもすぐに二人辞めるといった具合に人の出入りが激しいので難しいようです。



「なぜ未公開求人が多いのか?」


ですので、求人広告を常に出し続けなければならないので、多くの医療機関が人材紹介会社
や、転職支援サイトを利用して未公開求人として募集をかけ続けているのが現状です。


定着率が悪いと「何か問題があるのではないか?」と、求人誌側に問題があると責任転嫁する
ところが少なくないようで、これだと求人誌としての価値が下がってしまいます。


このため求人誌を運営する会社も転職支援サイトという新しいサービスを提供することになった
のだとか。実際に過去2~3年くらいの間に薬剤師専門の転職サイトが急増しています。



「今後も人材の流動性が高まる理由とは?」


医療業界は、それだけ人材を確保するのが大変な業界なんですね。しかも、最近の傾向として、
よりよい環境、よりよい待遇を求めて条件の良い職場へと転職するケースが増えているようです。


今後アベノミックスやTPPによって国内の規制緩和が進むことになれば、これまで以上に人材の
流出入が活発化することになりそうです。これはある意味大きなチャンスかもしれません。


ですので、薬剤師として転職するのであれば求人誌やハローワークよりも絶対的に薬剤師専門
の転職サイトを利用した方が効率が良いので、積極的に薬剤師転職サイトを利用しましょう。



「よりよい職場を希望する薬剤師さんの強い味方は?」


転職コンサルタントというアドバイザーが絶対的に必要です。自分では自分自身を客観的に
見ることはできないからです。「リクナビ薬剤師」では、キャリアアドバイザーが転職コンサル
タントとして、手厚くサポートしてくれます。最高の転職はここから始まります!。


「リクナビ薬剤師」の公式サイトはコチラ >>



« | »

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。

« | »