■転職失敗は無駄ではない


転職した薬剤師さんが全て希望どおりの職場に転職できたわけではありません。


前職よりも酷い職場で働くこととなり、後悔するケースも多いです。


後悔することになれば、その転職は失敗です。


しかし、行動に移したことだけでも高く評価できます。


なぜなら何度も転職することを考えるも、結局何も行動しない人の方が多いのです。
その結果、転職しなかったことを後悔している薬剤師さんが少なくありません。


そうならないためにも、転職活動のための準備が非常に大切です。


【 薬剤師限定 】 最短3日で年収200万円アップ!! >>





■なぜ転職しようと考えるのか?


転職する理由にキャリアアップ、スキルアップをあげる人も少なくありません。


しかし、その数は全体から見ればごくわずかです。


やはり転職理由として大きいのは、「人間関係の問題」です。


しかし人間関係が悪いがゆえに多くの職員が苦しんでいながら、自分から退職を切り
だせないため、いつも先延ばしすることとなり、その結果として退職できません。


その間に他のスタッフと度々問題を起こしていたスタッフが退職します。


人間関係の問題の原因を作っていた人間が辞めれば、職場の雰囲気がよくなると期待
してしまうのは、無理もありません。しかし残念ながらそうなりません。


他の人が、一番の嫌われ者に昇格してしまうからです。


このため、場合によっては、さらに職場の雰囲気が悪くなることもあります。


こうしたことを繰り返すため、いつまでも職場の雰囲気はよくならないわけです。


しかも、こうした問題にプラスし、経営難のため人材を補充してくれない場合があり
ます。そして業務が事実上成立しないくらいのところまで人がいなくなります。


そうなると、さらにやめにくくなってしまいます。





■勤務条件改善は必ずしもプラスではない!


反対に職場の人間関係が最悪でも、やめようとするたびに給料アップしてくれたり、
待遇が良くなる場合もあります。こうなるとしばらく辞められません。


やはり人間誰しも必要とされていると実感できると嬉しいものです。


転職を思いとどまるのも自然ですよね。


しかし、それでも人間関係の問題は、根が深いので、度々転職を考えてしまいます。
そうこうしている内に転職タイミングを失い、転職できずに後悔するわけです。


しかし、自分で決めたことなので、誰も責めることができません。


非常に苦しい思いをしながら働かなければならなくなります。


【 もっといい環境で働こう! 】 薬剤師専門サイトで見つける好条件求人 >>



« | »

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。

« | »