■未経験の職種に転職するのは難しい!


いくら薬剤師不足とはいえ、キャリアチェンジするのは簡単ではありません。


例えば製薬会社に勤務していた方が、調剤薬局に転職するとします。


調剤業務を仕事として行ったことはなくても、実習などで調剤業務を体験したことが
あれば、調剤業務がどのようなものかある程度は理解できます。


しかし、反対に調剤薬局から製薬会社の研究職で転職する場合はそうもいきません。


しかも、中途採用の求人は本当に少ないです。


未経験でもすんなり働けるかについては、やってみなければ分からないわけですが、
これまでの経験を活かしたいのであれば、同じ職種が一番確実です。


【 もっといい環境で働こう! 】 薬剤師専門サイトで見つける好条件求人 >>






■仕事の内容に合わせて適正を見極める!


同じ薬剤師さんの仕事であっても「 業種 」や「 職種 」によって仕事内容が大きく
異なりますので、それぞれの仕事に対して合う人と合わない人がいます。


適正に全くあっていない職場で働くことになれば、当然うまく行かない可能性が高い
ですから、自分自身で「適正」を見出さなければなりません。


各職種で働くために必要となる条件は以下のとおりです。


「調剤薬局」

窮屈な職場と窮屈な人間関係の中で働けるか?


「ドラッグストア」

色々なお客さんと接することができるか?


「病院」

患者さん(特に高齢者)と長期的なコミュニケーションを取れるか?


「治験」

職種が異なる沢山の人たちと接することができるか?


「品質管理」

膨大な書類作成及び管理をできるか?





■未経験の職種へ転職するのに欠かせない存在とは?


上述したとおり、それぞれの職種には、いくつかの特長があります。


こうした条件に合わせて自己分析を行えば、転職先候補を絞れます。


それから「 未経験の職種 」に対して、どのように転職活動を進めていけばよいか、
客観的にアドバイスしてくれる存在がどうしても必要となります。


そうしないと、「求人情報」を見て一方的に自分で無理と決めつけたり、反対に楽観
しすぎてしまうので、いつまでたっても希望にあった求人情報を入手できません。


このため転職活動が前に進めることができなくなります。


そのような転職支援サービスを提供してくれるのが、薬剤師転職サイトです。


【 もっといい環境で働こう! 】 薬剤師専門サイトで見つける好条件求人 >>



« | »

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。

« | »