■転職すれば全てがうまくいくと考えていませんか?


売り手市場にある薬剤師さんであっても、実際に転職するのは難しいです。


求人を探から内定をもらうまでの過程は、他の業種よりもスムーズにいくかもしれま
せんが、そもそも転職というのは、それで終わりではありません。


実際に働きはじめてみると、上手くいかないことも多いです。


転職したことを後悔するケースが少なくありません。


行動すれば何らかしらの問題が生じるのは、仕方ありません。


また、逆に早く転職しなかったことを後悔する薬剤師さんも多いです。


残念ながら過ぎ去ってしまった時間を取り戻すことはできませんので、これからどう
するのか、しっかり「キャリアプラン」を構築しなければなりません。


【 薬剤師限定 】 最短3日で年収200万円アップ!! >>






■職場の人間関係の問題は改善されることはない!


「 人間関係 」に関する問題は、常に「転職理由」の上位にあります。薬剤師さんも
例外ではありません。しかし正社員になれば、そう簡単に辞めることはできません。


人間関係の悪い職場の特徴として、「人の出入りが」激しい点があげられます。


職場の人間全てが互いを嫌っているなんてケースも少なくありません。


一番キライだった人が、ある日突然退職したりすると、これで職場の人間関係が良く
なると考えて、退職を思いとどまります。しかし、そうはならないんですよね。


これまでそれほど嫌われていなかった人が一番の「嫌われ者」に昇格するからです。
こうしたことを繰り返し、そのたびに転職するのを思いとどまるわけです。


そして、気がついたら転職する機会を完全に逃すことになります。





■優秀な薬剤師さんほど損をする?


優秀な薬剤師さんほど、仕事ができるゆえに損な役回りを常に押し付けられます。


周囲も承知していながら、心の中で「 いつも大変だな 」と思いつつも、思いっきり
甘えます。そして、この方が転職するため退職するとなるとパニックになります。


雇用側も給与を大幅にアップするなど「待遇改善」を餌に慌てて引き止めます。


優秀で責任感が強いため、自分が辞めたら大変なことになるといった思いから、結局
は転職を思いとどまってしまい、自ら転職する機会を逃すことになります。





■キャリアプランが何より大切!


本当に納得して転職を思いとどまったのであれば問題ありません。


しかし、そうではないのであれば、とりかえしのつかない「機械損失」です。


そうならないためにも、薬剤師として将来的な「キャリアプラン」をしっかり構築し、
それにあわせて行動するように普段から心がけたいものです。


【 もっといい環境で働こう! 】 薬剤師専門サイトで見つける好条件求人 >>



« | »

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。

« | »