「調剤薬局の数は今後も増える」


今現在日本全国いる薬剤師の数は約28万人です。そうした中で薬剤師が最も多く働いて
いるのが調剤薬局でして、その数は約14万人で、全体の半数を占めています。


日本全国には調剤薬局が約53,000店舗あるのですが、地方の薬剤師不足は深刻な状態
にあるため、大都市圏にある調剤薬局よりも高条件を提示しているところが多いです。


法改正を繰り返しながら規制緩和が進んだことによって調剤薬局の数は2000年以降急増
したのですが、近年は大型チェーン店によるM&A(合併・買収)で、拡大化を図ってます。



「キャリア志向の高い薬剤師さんの特徴とは?」


このため調剤薬局は薬剤師の中途採用を今現在も積極的に行っています。上述した理由
から特に地方の調剤薬局は実務経験のある薬剤師さんを積極的に採用しています。


ちなみに薬学部の学生さんが希望する就職先として最も多いのが病院です。その理由は、
より専門性の高い知識とスキルを身につけるためで、キャリア志向の高さが伺えます。


しかし、病院などの医療機関において薬剤師の需要は調剤薬局ほど多くありません。



「規制緩和が進み調剤薬局の役割も拡大する」


調剤薬局に勤務する薬剤師さんの役割は非常に重要です。薬剤師さん自らが調剤業務と
薬の服薬指導を行うことによって、薬剤に関連して医療過誤を予防することができます。


ですので患者さんは医師から処方された処方箋さえあれば、いつでもどこでもお薬を受け
取ることができます。今では当たり前のことですが、ほんの数年前はできなかったんです。


それまでは病院の待合室にて長時間待たされて薬を受け取るのが常でした。今後も規制
緩和が進むに従って、調剤薬局の果たす役割は大きくなることが予想されます。



「今後より薬剤師に求められるスキルとは?」


このため、薬剤師さん一人ひとりが負うわなければならい責任も大きくなります。これまで
医療に関するトラブルの大半は医師による医療ミスや処方ミスでした。


ここ最近では分業化が進んだことによって、調剤ミスや疑義照会を怠ったケースが増えて
います。医薬品に関する知識だけでなく、コミュニケーションスキルがより重要になります。


医師不足を補うために医師の役割を軽減する方向で急速に動いています。この結果として
看護師や薬剤師の役割が拡大することになるので、薬剤師の需要は今後も拡大しそうです。



「よりよい職場を希望する薬剤師さんの強い味方は?」


転職コンサルタントというアドバイザーが絶対的に必要です。自分では自分自身を客観的に
見ることはできないからです。「リクナビ薬剤師」では、キャリアアドバイザーが転職コンサル
タントとして、手厚くサポートしてくれます。最高の転職はここから始まります!。


「リクナビ薬剤師」の公式サイトはコチラ >>


| »

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。

| »