「コミュニケーションが取れないと問題が多発する?」


薬剤師にとって患者さんとのコミュニケーションは年々重要度が増しています。薬の服用
に関するトラブルが増えているので、服用に関してしっかり説明しなければなりません。


ここでいうコミュニケーションとは、ただ単に薬剤師側から「伝える」だけではありません!。
適切な薬を服用してもらうために患者さんの症状を具体的に「聞き出す」ことも重要です。


そして患者さんの立場を「分かち合う」気持ちで「聴く」ことが大切です。そうすることにより、
患者さんのと距離が次第に縮まり、信頼が成立することでトラブルの大半を回避できます。



「言葉だけでは理解させることはできません!」


コミュニケーションは言葉だけで成立するものではありません。ところで「メラビアンの法則」
をご存知でしょうか?。実は言葉だけでは7%程度しか相手には伝わらないんです。


言葉だけでなく話すときの表情や仕草などによって55%加算されます。そして話のスピード
や声の大きさなどによって残りの38%がプラスされます。本当に意外ですよね。


このため薬局現場では「非言語コミュニケーション」が重要とされています。ですので、調剤
された医薬品を患者に渡す際に、キチンと相手の目を見て確認することが大切です。



「無意識のうちに専門用語を使ってませんか?」


そうすることで患者さんが本当に理解しているか、そうでないか分かります。残念ながら文章
を読み上げるように説明しても相手には伝わらないことの方が多いんです。


もし不安な表情を浮かべている場合は何度でも説明する余裕が必要です。また職場の職員
との会話は専門用語や略語がよく飛び交いますが、患者さんに対して使ってませんか?。


薬剤師にとっては日常的に使われる言葉であったとしても、当然のことながら患者さんは理解
できません。患者さんが理解しやすいように専門用語を日常用語へ置き換えましょう。



「よりよい職場を希望する薬剤師さんの強い味方は?」


転職コンサルタントというアドバイザーが絶対的に必要です。自分では自分自身を客観的に見る
ことはできないからです。「リクナビ薬剤師」では、キャリアアドバイザーが転職コンサルタント
として、手厚くサポートしてくれます。最高の転職はここから始まります!。


「リクナビ薬剤師」の公式サイトはコチラ >>


« | »

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。

« | »