「なぜ今在宅医療が求められるのか?」


少子高齢化が急速に進んだことによって、政府による医療費負担が社会保障費とともに
毎年拡大しています。当然のことながら財政を逼迫させる大きな要因となっています。


こうした問題を出来るだけ軽減させるために在宅医療が注目されています。患者さんの
自宅で適切な医療が行われることによって、入院の長期化を抑えることができます。


そうすることで国の医療費にかかる負担を軽減できるわけです。病院をこれから増やす
ことは現実的に困難であるため、その代わりに在宅医療をより広める必要があります。



「今後さらに在宅医療が進む?」


在宅医療は上述した経済的理由だけでなく、自宅で医療的ケアが出来るので長期療養
が必要な患者さんにとって、安心して療養生活を送れるというメリットもあります。


在宅医療が広がることによって、薬剤師さんの活躍できる場所がさらに増えることになり
ます。事実そうした動きは既に進んでいまして、在宅医療専門の調剤薬局が増えてます。


薬剤師さんは患者さんの居宅を訪問して薬剤の管理や指導を行うのですが、在宅医療
のニーズが高まっているのと同時に薬剤師さんのニーズも高まっています。



「在宅医療における薬剤師の役割とは?」


今後こうした動きを推し進めるために規制緩和を求める声が高まっていますので、近い
将来抜本的な規制緩和が行われ、転職しやすい環境が整備されるかもしれません。


自宅医療専門の調剤薬局で働く薬剤師さんの主な仕事は、医薬品を正しく服用してもら
うために、飲み残しの管理や服用状況を改善したり、保管状況の指導を行います。


在宅医療の場合は薬剤師以外にも主治医や看護師が訪問しますが、服用薬の不具合
については薬剤師でなければ把握できないケースが多いので非常に重要です。



「在宅医療専門の調剤薬局に転職するには?」


転職コンサルタントというアドバイザーが絶対的に必要です。自分では自分自身を客観的に
見ることはできないからです。「リクナビ薬剤師」では、キャリアアドバイザーが貴方専属の
転職コンサルタントとして、手厚くサポートしてくれます。最高の転職はここから始まります。


「リクナビ薬剤師」の公式サイトはコチラ >>


« | »

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。

« | »