「在宅医療を利用する患者さんの大半は高齢者世代」


在宅医療を利用する患者さんの多くが高齢者世代の方であるため、治療が困難な複数の疾患
を抱えているケースが少なくありません。このため数種類の医薬品が処方されています。


医薬品の服用に関しては細心の注意が必要です。なぜなら患者さんによっては、独自の判断
で毎回決められた用量および回数を守らずに薬を服用される方もいるからです。


自分で調節すると薬の飲み忘れが次第に多くなり、服用されることなく放置されてしまうのです。
実際に今現在そういった残置薬が在宅医療において大きな問題となっています。



「医療費削減のための重要な課題とは?」


使用されない残置薬の総額は約500億円を超えているため、大きな負担となってます。医療費
削減において、いかに残地薬を減らすかが課題であるため、在宅医療が期待されています。


薬剤師が在宅医療に携わることによって、適切な服用指導及び飲み残しが無いか確認すること
によって、きちんと医薬品が整理され、400億円の薬剤費の節減になると予想されています。


薬剤師が患者さんのご自宅に訪問するには処方箋発行医からの指示がなければ出来ません。
在宅医療に関わる調剤薬局は医師からの指示によるものが全体の8割以上を占めています。



「仕事上の注意点とは?」


訪問したらしたでやることが沢山あります。まず、薬剤服用歴を記載し、処方箋発行医に報告書
を作成して送付します。そして、次回訪問するさいに必要な物品などの準備を行います。


在宅医療で薬剤師の知識とスキルを最大限に活かすためには薬物療法全般にわたる臨床判断
が求められ、患者さんは勿論、ご家族や医師や看護師との密接な連携が不可欠です。


在宅医療は患者さんのプライベートに踏み込みますので、誤解を招いて問題とならないためにも、
しっかりとコミュニケーションを取らなければならないので、コミュニケーションスキルが必要です。



「在宅医療専門の調剤薬局に転職するには?」


転職コンサルタントというアドバイザーが絶対的に必要です。自分では自分自身を客観的に
見ることはできないからです。「リクナビ薬剤師」では、キャリアアドバイザーが貴方専属の
転職コンサルタントとして、手厚くサポートしてくれます。最高の転職はここから始まります。


「リクナビ薬剤師」の公式サイトはコチラ >>


« | »

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。

« | »