「コミュニケーションスキルの重要性について」


医療ミスが社会問題として大きくクローズアップされるようになってから久しいですが、
ここにきて医療現場でのコミュニケーションスキルの向上がより求められています。


これは何も医師や看護師に限ったことではありません。薬剤師にもあてはまることな
ので常にコミュニケーションスキルの向上を意識しなければなりません。


薬剤師が一番丁寧にコミュニケーションをとらなければいけない相手は患者さんです。
そうすることでより沢山の情報を患者さんから引き出し、適切な薬を提供します。



「コミュニケーションスキルが特に必要となる場面とは?」


調剤薬局では、処方箋を持ってきた患者さんのこれまでの病歴やアレルギー歴などの
情報が必要となりますので、患者さんとの「患者インタビュー」が重要になります。


そして、処方箋の内容に疑義があった場合には、担当の医師へ疑義照会を行います。
薬剤師として働くうえで至る場面でコミュニケーションの重要性が高まっています。


しかし、薬剤師さんの中には、コミュニケーションを取るのが苦手な人も多いです。特に
年齢がいっている方は、調剤技術が高く、ある種の職人気質の方が少なくありません。



「ベテラン薬剤師さんほど注意が必要」


しかし、腕の良い職人だからといって何でも許されるわけではありません。なぜこうした
問題が生じてしまうのかといえば、4年制薬学教育では、創薬や分析といった医薬品を
学ぶことに重点が置かれていたことが大きな要因としてあげられます。


薬は患者さんに対する医療的ケアに貢献するといった「臨床薬学」の視点が欠けている
だけでなく、患者さんとのにコミュニケーション取リ方を学ぶ機会がありませんでした。


こうしたことから、国家試験に合格して病院や調剤薬局に勤務しても、上手く現場に対応
することができません。このため必然的に再教育が必要となります。



「コミュニケーションスキルは転職を大きく左右する」


新卒で入った薬剤師さんは素直なので直ぐに適応できます。しかし、ある程度キャリアを
積んでこられたベテラン薬剤師さんはプライドが往々にして高いです。


このためコミュニケーションスキルの向上を求めても素直に応じてくれない方が少なくあり
ません。現場の士気をも下げることになりかねませんので、注意が必要です。


また、転職する場合は、絶対的にコミュニケーションスキルが高い薬剤師さんが求められ
るので、これまでの考え方を改めないと後々苦労することになります。



「よりよい職場を希望する薬剤師さんの強い味方は?」


転職コンサルタントというアドバイザーが絶対的に必要です。自分では自分自身を客観的に
見ることはできないからです。「リクナビ薬剤師」では、キャリアアドバイザーが転職コンサル
タントとして、手厚くサポートしてくれます。最高の転職はここから始まります!。


「リクナビ薬剤師」の公式サイトはコチラ >>


« | »

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。

« | »