社宅あり薬剤師求人のメリット・デメリットとは?




■社宅あり薬剤師求人のメリット


社宅ありの薬剤師求人は、職場の近くにあるケースが圧倒的に多いです。


徒歩で通えるケースも少なくありません。電車を利用したとしても最寄り駅から2つ
3つ先に職場があるため、「通勤時間」が非常に短くて通いやすいです。


「社宅あり」の薬剤師求人は、それほど多くありません。


条件については、ある程度余裕を持たせたほうが良いでしょう。


社宅がある会社で働くメリットは非常に大きいです。


とくに社会に出て親元を離れて生活するのであれば、社宅や寮があると生活が楽です。
出費をかなり抑えることができるので、貯蓄に回す余裕が生まれます。


【 薬剤師限定 】 最短3日で年収200万円アップ!! >>






■社宅は通勤が非常に楽!


地方の場合は会社が中心地から離れているケースが意外と多いです。


職場から社宅までの距離が結構離れていたりしますが、それでも10分程度で通える
場合多いので、通勤面では非常に楽ですし、プライベートも充実します。


というのも通勤手当としてガソリン代も支給されるからです。


むしろ職場の裏手に社宅があるため、交通費が一切支給されないほうが大損です。


地方では車は絶対的に必要です。何をするにしても車で出かけることになりますので、
毎月ガソリン代がかなりかかります。原油価格が上昇している状況では尚更です。


地方は道路事情があまりよくありません。朝の道路がとてつもなく渋滞します。


しかし社宅があれば職場まで近いので渋滞を避けられます。


通勤時間が短ければ、その分仕事に集中できます。





■プライベートを大切にする人には不向き?!


最後に社宅のデメリットについてです。


まず住人全員が同じ会社で働いている人達です。同じ職場の人も少なくないわけで
すから、社宅で生活する以上「人目」を意識しながら生活することになります。


慣れない間は自由が制限されるようで、多少窮屈に感じることでしょう。


社員同士の交流が活発なところも少なくありません。


週末になれば野球やサッカーで汗を流し、終わったら打ち上げ!そうしたことが好き
な人はいいですが、プライベートは静かに過ごしたいという人には、煩わしいです。


しかし、社宅ありの薬剤師求人にはデメリット以上にメリットがあります。


何といっても社宅の大半は「無料」、もしくは賃料が非常に安く設定されています。
ですので、金銭面で絶対的に有利ですので、検討する価値は十分あります。


【 もっといい環境で働こう! 】 薬剤師専門サイトで見つける好条件求人 >>



コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。