■昇給=年収アップ!


「昇給あり」薬剤師求人は非常に多いです。もしかすると当たり前のように思えるかも
しれませんが、他業種では過去数年間ベースアップゼロという会社が結構あります。


昇給すると基本給が増えるので給料・ボーナスが増え、その結果「年収」が増えます。
昇給がないと従業員の労働意欲を高いレベルに維持することができません。


昇給があるということは、それだけその会社に余裕があるからできるわけです。


ですので、薬剤師求人を選ぶさいに「 昇給あり 」も重要なポイントとなります。





■社員の労働意欲を高める!


昇給があると職場の雰囲気も一時的ではありますが、確実に良くなります。


従業員のモチベーションが上がりますので、生産性も向上します。


ですので、昇給があるのとないのとでは、大きな差があります。


しかし、ただ昇給があればいいというわけではありません。昇給額も非常に重要です。
昇給額があまりにも小さいと、「自分は評価されていない」と思ってしまいます。


そうなれば仕事に対するモチベーションは当然下がります。「 昇給 」は法的に定めら
れていませんし、会社の経営状態にもよるので、毎年あるとは限りません。





■昇給はある時点で止まるか金額が減少する


昇給の金額は勤務年数に応じて徐々に減っていく傾向があります。


30歳半ばくらいまでで、その後は徐々に金額が減っていきます。


勤務年数が20年を超えるベテラン薬剤師さんは、昇給がないことの方が多いかもしれ
ません。もし仮に昇給があったとしても1000円に満たないケースもあるようです。


勤務年数が短い若手薬剤師さんの場合は、年齢を考慮して、昇給額が5000円以上に
設定される場合が多く見受けられます。5000円以上なら納得できる額ですよね。


年収で最低でも6万円以上増えるわけですから決して小さくありません。


ですから過去にさかのぼって毎年昇給がある会社に転職したいものです。


そうした情報も薬剤師転職サイトを利用すれば簡単に調べてもらえます。


【 薬剤師限定 】 最短3日で年収200万円アップ!! >>



« | »

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。

« | »