薬剤師の求人状況から適切な転職活動を行うための戦略を練る必要があります。入社したあとに充実 して働くことができるために必要な条件を分かりやすく解説しています。
「大学の制度に問題がある?!」 晴れて国家試験に合格して薬剤師さんになれるわけですが、これまで膨大な時間をかけて 薬品について様々なことを学ぶために、相当の苦労を積まなければなりません。 ですので、絶対に報われなければなりません。ですので
「薬剤師として働くにあたって」 薬剤師として働けるのは調剤薬局や一般の薬局、病院だけではありません。保健衛生施設、 学校、医薬品開発企業など、様々な所で求められており、依然として増加傾向にあります。 よりよい職場環境を見つけようと思えば、
「薬剤師として生涯働き続けるには?」 薬剤師になるまでには薬学をはじめ、膨大な知識を身につけなければなりません。薬剤師 になるのも大変ですが、薬剤師になってからが本番なので気を抜くことができません。 働きながら薬剤師として身につけなければ
「深刻な人材不足」 医療機関の多くが人材不足に頭を痛めています。このため一般の求人情報誌や転職サイト では、求人情報を普通に掲載すると掲載期間などの問題で掲載が追いつきません。 例えば求人を出して、ようやく一人採用が決まったと思ったら、二
「キャリアアップ志向の薬剤師さんが増えている」 薬剤師の仕事は専門性が高いので、薬学全般に関する深い知識とスキルが当然必要です。 多くの薬剤師さんが仕事の合間を縫って新しい知識を吸収するために勉強しています。 新卒の就職に関しても、そうし
<< 前ページ | 1 | 2 | 3 |