薬剤師の求人状況から適切な転職活動を行うための戦略を練る必要があります。入社したあとに充実 して働くことができるために必要な条件を分かりやすく解説しています。
「t礼儀正しく振る舞うのは当たり前?」 薬剤師として就職や転職をするにあたって「面接」は避けることができない大きな壁です。 実際に面接を受けられた経験のある薬剤師さんの多くが難しいと考えています。 実際の面接は日常生活であまり馴染みのない
「履歴書作成が最初の壁となる理由について」 ここ最近の傾向としては、採用試験のさいに履歴書とエントリーシートの両方を持参する よう求める企業が増えています。両方とも簡単に仕上げることができないものです。 形式や提出方法までもが細かく決まっ
「履歴書やエントリーシートがより重要な時代に」 意外に思われるかもしれませんが、履歴書や職務経歴書などがより重要になっています。 というのも書類選考で済ませてしまう企業が年々増えているからです。 書類選考がある企業や機関の場合、履歴書とエ
「薬剤師は依然として売り手市場だが・・・」 一般の求人誌にも薬剤師の求人広告は沢山掲載されています!。薬剤師という国家資格は、 社会的信用もありますので、一般職と比較すれば圧倒的に有利に就職・転職できます。 ある程度年齢がいってても、一定
「企業によって薬剤師に求める物が異なります」 基本的に薬局や薬店で働く場合は、病院とは異なり調剤は限られていますが、市販薬や 健康食についても深い知識が必要なので、どうしても勉強する必要があります。 また、一般のお客様を相手にしますので、
「薬剤師求人サイトを利用するのが近道です!」 薬剤師の資格を持ちながら別の業界で働いていたためブランクがある場合、自力でやる 転職活動では書類選考の時点で落とされてしまうケースが少なくありません。 パートやアルバイトであれば問題なく働くこ
「面接当日までにやるべきこととは?」 面接当日までに、しっかり求人先(病院、企業)について調べておいてください。また、 面接のさいに面接担当者から必ず何か質問があるか尋ねられます。 「特にありません」とは絶対に言わないでくださいね。今後の
「薬剤師さんの活躍出来る場は年々増えてます!」 需要に対して薬剤師さんの数は決してとして十分ではありません。薬剤師さんの仕事は、 病院や薬局だけではありません。製薬会社をはじめとした企業でも沢山需要があります。 しかも、事業そのものが年々
「転職コンサルタントにまかせる!」 薬剤師さんの転職市場は依然として薬剤師の需要が高いので売り手市場が続いていまして、 年々薬剤師さんの仕事も多様化しているため、活躍できる場が増えています。 ですので、はたからみると簡単に転職出来そうに思
「薬剤師の数は少ないので需要を満たしていない!」 薬剤師の求人の数は依然として多いです。薬剤師として登録されている人数は、2010年の 時点で27万6千人となっています。毎年8,000人ペースで薬剤師さんが増えています。 一説には2027