「ドラックストアは非正規雇用が中心」


私の住んでいる地域には、驚くべきことにドラックストアがコンビニ並みにありまして、
各社それぞれシノギを削っています。デフレ不況下で何とかなるのが凄いところです。


こうしたドラックストアに不本意ながら正社員ではなく、パートやアルバイトといった、
いわゆる非正規雇用という形で働いている方が近年大勢います。


こうした方々は非正規雇用という形でドラッグストアで働くことを望んで薬剤師になった
わけではないわけですから、将来に対する不安も当然のことながらあるでしょう。



「ドラッグストアは既に飽和状態!」


一時期は雨後の竹の子のようにドラッグストアが町のいたるところで誕生したわけです
が、ここにきて完全に飽和状態にあり、すでに勝ち組、負け組の二極化が進んでます。


新政権が誕生し、デフレ脱却が本格的に進む可能性が高まっている状況下で安売り
一本というこれまでの経営方針では、ドラックストアの事業は成立ちません。


そこで、専門性を高め調剤部門に力を注ぐか、旧来型の安売りをさらに加速させるか、
いずれかの経営を迫られています。同時に薬剤師もどちらを選ぶか判断を迫られます。



「これでもドラックストアで働きたいですか?」


安売りを加速させる経営スタイルを取ったドラックストアがあるとします。ここで薬剤師
として長期間に渡って働くことはできるでしょうか?。答えは「NO」です。


恐らくこうしたドラックストアは、より安売り競争の波に飲まれることになるため、今以上
に薬剤師の価値を低めて、できるだけ賃金を抑えて働かそうと考えます。


ですので、正規雇用ではなく、非正規雇用の薬剤師をより増やす方向へシフトを切る
ことが予想されますので、こうした点を考慮して転職活動を進めていく必要があります。


【薬剤師限定】 希望条件で転職80%以上!あなたのご希望は?


« | »

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。

« | »