薬剤師として勤務するにあたって様々な問題に直面します。そういった場面に直面した場合に対処 すべく、薬剤師の裏事情について知る必要があります。成功する薬剤師はトラブルに強いです!。
「誰にでも迷いや不安があります!」 職場の上司と仕事上のトラブルで揉め、その責任を全て押しつけられたことで、薬剤師 という仕事そのものにも嫌気し、辞めてしまうといったことが少なからずあります。 薬剤師に限らず、こういったことはどこの業界に
「キャリアアップセミナーを利用しよう!」 薬剤師転職サイトによっては定期的にキャリアアップセミナーや講習会を開催している ところがあります。これは、薬剤師のキャリアアップを支援するために行なっています。 気になるセミナーの中身についてです
「薬剤師さんの仕事とは?」 今現在薬剤師という職業について興味を抱かれている方も多いかと思います。過去に一度 でも医者に診断をしてもらったことがある人なら薬剤師さんと関わっています。 病院で働いている薬剤師さんは、医師が処方した処方箋に
「薬剤師になるまでの道のりとは?」 薬剤師は人の病気を治すための薬を作るのが仕事です。薬を作るにあたって危険な薬品 を扱うこともあるので、薬に関する深い知識がなければ薬剤師にはなれません。 そのため薬剤師になるには国家資格に合格しなければ
「需要があっても病院への転職は容易ではない?」 薬科大学の学生さんが新卒で就職するにあたって最も重要視するのが給与などの待遇面 よりも、薬剤師として専門性の高い知識やスキルを身につけることです。 このため、病院勤務を希望する方が圧倒的に多
「コミュニケーションスキルがより求められる」 病院で働くにあたって、各病棟の患者さんに対して薬の説明し、患者さんがその薬を服用 したことでどのように体調が変化するか、その後の経過を観察しなければなりません。 そして、様子を見ながら患者さん
「大都市圏と地方では状況が異なる」 薬剤師の求人として大きく分けると病院、調剤薬局、ドラッグストア、製薬会社の4つに 分けることができます。このうち最も新卒の就職先として人気が高いのが病院です。 薬剤師は専門性の高い職業ですが、より高度な
「コミュニケーションを取るのが苦手では話にならない?」 2006年に六年制薬学教育が実施されたことによって、2012年に初めて新卒者が実際の医療 現場に立つことになり、これをきっかけに色々な点で改革が進むことが期待されています。 六年制薬
「薬剤師の需要と供給の現実」 少子高齢化が進む日本国内において、数年前から薬剤師さんの数が今後過剰となることが 予想されています。今のところ人口10万人に対して薬剤師の数は平均209人です。 日本国内で最も薬剤師さんの人口の数が多いのは、
「ドラックストアの存在は無視できない」 今後も大手調剤薬局チェーンを中心にシェア争いが激化することが予想されています。このため、 調剤薬局の数は、しばらく増加傾向が続くことが予想されています。しかし、終わりがあります。 残念ながら未来永劫