「小規模薬局の方が給与水準が高い?」


一般企業の場合、同じ業界であれば圧倒的に大手企業が事業を有利に展開できる分、収益も
大きいわけですから、当然従業員一人あたりに支払われる賃金も高いですよね。


しかし、薬業界の場合は小規模薬局の薬剤師給与が、大手製薬会社と比較しても遜色ありま
せん。小規模薬局によっては上回っているケースもしばしば見受けられます。


小規模経営の場合は、どうしても人材を確保するのが困難であるため、賃金を高めに設定する
必要があります。特に大型のドラックストアが乱立する地方の薬局は顕著です。



「仁義なき人材確保の争いとは?」


できるだけ優秀な人材を確保したいという思いから、激しい人材獲得合戦が繰り広げられている
わけですが、小規模経営の薬局の場合、新卒を獲得するのが特に大変です。


大学の薬学部が4年制から6年制に移行したことで、より激しさが増しています。薬学部の新卒生
の多くは、専門性を生かせる病院への就職を希望する人が多いのが現状です。


当人だけでなく、当人以上に安定を求める両親の考えもあって、大手ドラッグストアと小規模薬局
の薬剤師不足は、残念ながら今後も解消される可能性は低いと思います。



「雇用する側と薬剤師の意識の違いとは?」


ここ数年の薬剤師求人については完全な薬剤師の売り手市場です。広告の出稿数を見れば一目
瞭然です。広告を出稿している転職サイトの数も急増していることからも、そうした傾向が伺えます。


雇用側は少しでも人材の流出を避けるために、勤務している薬剤師の給料を出来るだけ上昇傾向
を維持するため必死です。しかし、薬剤師との意識の差が埋めることが出来ていません。


というのも、薬剤師の中には世の為人の為に自分の技能を生かしたいと考えている方が多いです。
給料が高いことに勿論興味はあるでしょう。しかし、それ以上に社会貢献度意識が傾いてます。


【薬剤師限定】 希望条件で転職80%以上!あなたのご希望は?


« | »

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。

« | »