「薬剤師の社会的地位が高まる」


調剤薬局などの薬局で薬剤師に対する需要が急速に拡大してます。薬剤師専門の転職サイト
がここまで増えている背景には、そうした薬剤師の需要拡大が要因としてあげられます。


総合病院をはじめ、クリニックなどの医療機関にて発行された処方箋に沿って薬剤を調剤し、
しっかり監査します。投薬を行う薬局勤務の薬剤師の果たす役割は社会的に非常に重要です。



「薬剤師の需要が拡大する理由とは?」


医薬分業が進むことで調剤薬局は急速に増加しました。このため薬剤師の存在なくしては成り
立たない状態にあります。最近では全国規模の大型チェーン調剤薬局が幅をきかせています。


薬剤師求人も途切れません。これは新卒採用に限ったことではなく、中途採用やパート採用
なども依然として積極的に行われていますし、今後さらに拡大する可能性すらあります。



「調剤現場での薬剤師が果たす役割とは?」


薬局勤務の薬剤師の仕事内容についてですが、まず処方箋に従って調剤するするにあたって、
錠剤は薬名、容量、個数などを確認してピッキングし、散剤やシロップ、軟膏などは主に機械に
よって調合します。ミスが許されない仕事なので常に緊張した状態が続きます。


次に処方箋の内容と調剤された薬剤の内容が一致しているか、また、複数の薬を飲み合わせる
場合には、禁忌などがないかをしっかり確認したうえで患者さんに処方された薬剤の効果を高め
ながら、副作用などの危険性を最小限に抑えるために服薬指導と一緒に投薬を行います。


服薬指導が非常に重要でして、薬剤師と患者さんが直接コミュニケーションを取ることによって、
患者さんから容態や症状を効率良くヒアリングすることができるので、医師の処方だけではなく、
現場で働く薬剤師としての見解から処方を確認したうえで適切な判断が下せます。


【薬剤師限定】 希望条件で転職80%以上!あなたのご希望は?


« | »

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。

« | »