「コミュニケーション能力が不可欠」


患者さんに対して的確な服薬指導を行うために、当然のことながら薬剤師として出来る限り薬剤
に関する詳しい知識と専門的な内容を分かりやすく説明しなければなりません。


しかし、中には「言われたとおりにすればいいんだよ」的な高圧的な態度で患者さんに接して問題
となるケースも少なからずありますので、冷静かつ高いコミュニケーション能力が必要になります。


そして、調剤監査投薬の業務以外にもこなさなければいけない仕事が山のように沢山あります!。
お薬手帳などに薬歴を記載したり、会計を行ったりする業務も地味ながら大切な仕事です。



「薬剤師によってサービス向上」


医療の現場で薬剤師が果たす役割は非常に大きいです。なぜなら調剤監査業務から投薬業務
までを行うことによって、薬剤に関連する医療ミスを予防することができるからです。


そして、患者さんにとっても薬剤師は大変ありがたい存在です。処方箋を持参すれば、いつでも
薬を受け取ることができます。こういった当たり前のことが出来るのも薬剤師がいるからです。


医薬分業によってサービスを受ける患者さん側には色々とメリットがあるわけですが、サービス
を提供しなければならない薬剤師は、責任が増大する一方であるため、デメリットでもあります。



「果たす役割が大きい反面、トラブルも生じやすい?」


薬剤師は、医師が行った処方に対して、毎回必ず薬剤師として独立した立場から、薬剤治療の
安全性と効果を確認しなければなりません。そのために疑義照会を必ず行います。


そして、患者さんにお薬を渡す責任者として、医師の間違いを出来るだけ早い段階で発見し、
薬剤によって生じる医療ミスを未然に防ぐために業務に取り組まなければなりません。


このため医師との対立が生じるケースもあります。医療業界の悪しき点としてパワーハラスメント
があげられます。このため人間関係による悩みを抱えながら働く薬剤師は少なくありません。


【薬剤師限定】 希望条件で転職80%以上!あなたのご希望は?


« | »

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。

« | »