「薬剤師が活躍できる場が増えている?」


ドラッグストア以外でもコンビニやスーパー、家電などの量販店といった本来医薬品と縁が薄い
業種でも、薬局のためのスペースを設けて医薬品を販売するところが増えています。


ドラッグストアは一時急速に増えましたが、その勢いはかつてほどではありません。容赦の無い
価格競争が繰り広げられた結果、地方を中心に倒産するところも増えています。


それに代わってこういった動きが活発化することは、薬剤師が活躍する場所が増えることなので
大変良い傾向だと思います。規制緩和を求める声が広がっているのも追い風になりそうです。



「薬剤師の給与水準は今後も上昇するの?」


こうした動きが拡大することによって、薬剤師の需要が拡大するとどうなるか?。当然のことながら、
各社優秀な薬剤師の確保に尽力を注ぐこととなり、雇用条件を高める可能性が高まります。


実際にこうした動きはすでに始まっていまして、薬剤師専門の転職サイトが雨後の竹の子のように
増えている背景にはこうした理由があります。また、それにともなって広告も増えています。


中には「これ本当なの?」と疑いたくなるくらい高案件を提示している広告もあります。大手メディア
に掲載されている広告なので間違いないでしょうが、こうした点からも需要拡大が伺えます。



「いち早く情報を入手するには?」


薬剤師の需要が拡大すれば当然給与水準が高まります。しかし、薬剤師の給与は大企業だから
良いとは限りません。事実小規模経営の薬局で働く薬剤師の給与水準は高いです。


大企業で働く薬剤師の給与水準と遜色ありません。むしろ一部の薬局は大企業をも上回ってます。
とくに人材を確保するのが難しい地方の薬局では、好条件を用意しないと人が集まりません。


ちなみに薬剤師の時給相場は2,000円前後ですが、2倍程度の時給を支給するところが実際にあり
ます。よりよい条件で働くためにも確かな情報をいち早く入手することが重要になります。


ですので、薬剤師専門の転職サイトの需要がここまで急速に高まっているわけです。転借サイトは、
非公開の求人案件を多く抱えてますので、ハローワークや一般の求人情報では到底入手できない
貴重な情報を入手できます。また、全て無料でありながら、手厚いサポートも大きな魅力です。


【薬剤師限定】 希望条件で転職80%以上!あなたのご希望は?


« | »

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。

« | »