「求人の条件からみる薬剤師の年収」


薬剤師は他の業種と比べて年収が高いイメージがあります。また、社会的にも信用が高いので、
「親が自分の子どもに将来なってほしい職業ランキング」では常に上位にあります。


薬剤師になるまで6年間大学で学ばなければなりません。薬科大学や薬学部がある大学に入学
するのも大変ですが、卒業するのはさらに大変です。また、卒業までにかかる費用も莫大です。


薬剤師は安定した収入が得られるイメージが強いです。確かに薬剤師の求人を見てみると、ある
程度キャリアを積んでいる方の場合、年収600万円~700万円も決して珍しくありません。



「薬剤師はパート・アルバイトの時給も高い?」


ドラッグスストアなどでアルバイトやパートの求人を見てみても時給は2000円以上と破格です。
フルタイムで働けばアルバイトでも十分年収500万程度は稼げそうですよね。


こうやってみると薬剤師の年収は非常に高いと誰もが思うことでしょう。しかし、薬剤師は勤務先
によって、他の業種と比べても賃金の差が大きいのもまた事実なんです。


例えば薬剤師の就職先として多いのが病院、薬局、ドラッグストア、製薬会社などです。薬剤師
の平均年収は500万円前後で、平均月収は37万円、平均年間ボーナスは70万円程度です。



「他業種と比較してみると?」


ちなみにサラリーマンの平均年収は409万円(平成23年度)です。また、東証一部に上場して
いるような大手企業でさえも400万円程度のところが少なくありません。


ですので、薬剤師の年収は決して低くはありませんが、べらぼうに高いともいえません。しかし、
他業種の平均年収は毎年右肩下がりで下がる中、薬剤師の年収は、ほぼ横ばいです。


つまり、薬剤師は他の業界ほどは景気に左右されてないということです。また、求人件数も多い
ので、キャリアアップを目指しやすいです。こうした高環境が整っている点が大きな魅力です。


【薬剤師限定】 希望条件で転職80%以上!あなたのご希望は?


« | »

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。

« | »