「管理薬剤師は副業できるのか?」


薬剤師は他業種で働く人達から羨ましがられるくらい給与水準が高いです。しかし、薬剤師
として働きながら副業されている方も少なくありません。その理由は様々です。


長引く不況のため本業の他に副業を持つ方がサラリーマンを中心に増えています。では、
管理薬剤師が副業を行うことが現実的に可能なのでしょうか?。


管理薬剤師は、毎日こなさなければならない仕事量が多いため、時間的制約が厳しいので、
誰もが副業出来るわけではありません。個人的には副業はオススメできません。



「薬事法で薬剤師の副業は禁じられている?」


しかし、そうはいっても家庭の事情などで副業しなければならない状況にある方も多いわけ
でして、サラリーマンの方の場合は、会社で副業を禁止されている所も多いです。


公務員も禁止されています。こうした中で薬剤師の場合は、薬事法で薬剤師は他の薬局で
働くことを禁じています。つまり、掛け持ちでAとBの薬局で働くことができません。


本来管理薬剤師は職場で他の薬剤師を管理する立場にあります。調剤薬局などでは早目
の時間で終わる所もあるにはありますが、その職務内容は多岐に渡って激務です。



「大きなミスをすれば失職の可能性も!」


普通に働くだけでも非常に大変です。そうした合間を縫って、新薬などに関する新しい知識
を身につけるために勉強しなければならないわけですから恐れい入ります。


このような状態にありながら副業自体を行う時間はほとんどありません。極めて難しい状況
だと言えます。しかし、現実には副業を行なっている管理薬剤師がいます。


家庭の事情でどうしても働かなければならないため、薬剤師の仕事を掛け持ちしているわけ
ですが、薬剤師の仕事は僅かなミスも許されない大変厳しいものなので、特別な理由がある
にせよオススメできません。ミスをすれば築いた地位が無くなる可能性があるからです。


| »

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。

| »