「登録販売者とは?」


2009年に「登録販売者」という資格制度が誕生したことにより、薬剤師以外の方が医薬品の販売
に携わることが法的に認められることになりました。これも一種の規制緩和です。


法が整備されたことで大型スーパー、一部のコンビニなどでも医薬品を販売するところが拡大して
います。また、製薬業界にとっては販路が拡大したことでビジネスチャンスは確実に広がりました。


ちなみに「登録販売者」は、医薬品の第二類、第三類のみ取扱うことが認められています。これら
は、リスクが少ないことから認められているわけですが、医薬品の約9割を占めています。



「登録販売者制度が誕生した背景とは?」


実務経験があって、試験に合格すれば登録販売者として認定されます。そうすれば医薬品を販売
することが可能となりますので、薬剤師を脅かす存在であることは間違いありません。


個人的に「登録販売者」という制度は流通業を潤わせるためだけのものとして、あまり評価していま
せん。これが認められるのであれば、ネットでの販売をもっと緩和した方が良いと思っています。



「登録販売者は薬剤師を脅かす存在なのか?」


「登録販売者」となるために実務経験が必要になります。どのようなものかといえば、薬局で薬剤師
などの指導の下で医薬品の対面販売を1年間以上経験するだけで実務経験と認められます。


一方、試験に関しましては、各都道府県が実施します。試験の中身については賛否両論ありますが、
決してレベルは低くありません。しかし、当然のことながら薬剤師国家試験とは比べ物になりません。


また、仕事に関しても薬剤師は、病院などで医師が発行した処方箋に基づいて薬を調剤することが
できますし、数は決して多くありませんが、リスクの高い第一類の医薬品さえも扱うことができます。
このように登録販売者と薬剤師は圧倒的に薬剤師の方が各が上です。


【薬剤師限定】 希望条件で転職80%以上!あなたのご希望は?


« | »

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。

« | »