「薬剤師は唯一無比の存在」


登録販売者によって薬剤師が活躍できる場が奪われ、その存在自体の価値が下がることを危惧
される方もいますが、登録販売者が出来ることはあくまでも一部の医薬品の販売だけです。


調剤を必要とする病院の薬局では薬剤師を必ず配置しなければどうにもなりません。また、個人
経営の小規模な医院であっても、調剤薬局に薬剤師を欠かすことはできません。


学校でさえも、学薬と称する「学校薬剤師」を配置しなければなりません。登録販売者は認められ
ていません。登録販売者の存在を否定するつもりは全くありませんが、今後どのような規制緩和
が行われようとしても、上述した理由から薬剤師の仕事の価値が下がることはありえません。



「薬剤師になるのも大変!」


薬剤師になるには多くのハードルを越えなければなりません。まず大学の薬学部で6年間に渡り
膨大な専門的知識を学んだうえで薬剤師国家試験を受けて合格しなければなりません。


登録販売者は、薬剤師の管理下で1年程度医薬品の販売に携われば資格試験を受けられます。
医薬品の知識が必要なので簡単ではありませんが、薬剤師国家試験とは比較になりません。



「薬剤師として生き残るための戦略とは?」


ドラッグストアや大型スーパーなど医薬品の販売が認められている流通業の求人は薬剤師だけ
でなく、登録販売者の資格保持者も優遇されています。今後よりこうした傾向が強まりそうです。


ですので、登録販売者でも出来るような仕事ではなく、薬剤師でなければできない仕事に出来る
だけ早い段階で転職されることをオススメします。そのためにも情報が必要です。


そこでオススメしたいのが薬剤師専門の転職サイトです。未公開の求人情報を沢山保有している
ので、転職サイトの担当者と直接対面したうえで希望にあった求人情報を入手できます。


【薬剤師限定】 希望条件で転職80%以上!あなたのご希望は?


« | »

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。

« | »