「気が緩むとモチベーションを維持できない!」


薬剤師になるためには、まず国家試験に合格しなければなりません。しかし、その受験資格を得る
ために大学で6年間にわたって全ての課程をおさめなければなりません。


膨大な知識を学ばなければならないわけですから、卒業試験に合格するのも容易ではありません。
基本的に卒業試験は国家試験よりも先に行います。卒業試験に合格しても油断できません。


国家試験までは時間があるので、卒業試験に合格すると緊張の糸が緩むのでモチベーションがどう
しても下がります。そうなるとどうなるか?。勉強がどうしてもおろそかになってしまいます。



「卒業試験がゴールではない!」


ですので、卒業試験に1回で合格した優秀な学生さんでも国家試験は不合格となるケースが珍しく
ないわけです。逆に卒業試験で再試験を受けたような学生さんが国家試験で合格します。


勿論、卒業試験と国家試験の両方合格する人が多いわけですが、人間一度気が緩んでしまうと悪い
方にあっという間に転んでしまうわけでして、そのことを強く訴えさせていだきます。


再試験を受けると必然的に国家試験直前まで勉強することになります。このため勉強に対するモチ
ベーションを否が応でも維持てきてしまい、最高の状態で国家試験に臨むことになります。



「国家試験までどう過ごすか」


6年間大学で必死に薬学について勉強し、それを支える親御さんも学費を支払うために必死に頑張って
きたので、何が何でも卒業しなければならないという気持ちが大きなプレッシャーになります。


このため、卒業試験に全身全霊で挑むわけですが、合格してしまうと気が緩んでしまいますので、国家
試験までしっかり目標を再確認し、スケジュールを立てて勉強する必要があります。


国家試験当日までをどのように過ごすかで将来が大きく変わるといっても過言ではありません。そのため
にも、ありとあらゆる手段を使ってモチベーションを維持する必要があります。


| »

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。

| »