「国家試験に合格するのは約70%」


薬剤師になるために6年間大変な思いをしながら勉強に励んできたにもかかわらず、国家試験
の合格率は70%程度です。受験された方々の苦労を考えれば決して高い数字ではありません。


平均点以上の結果が求められる国家試験に合格するには、やはり、現状を把握しながら高い
モチベーションを維持するためにも模擬試験を積極的に受けられることをオススメします。


国家試験対策のための予備校で模擬試験を受験できます。オススメは薬ゼミの模擬試験です。
模擬試験を受験して1週間程度すると模擬試験の結果が郵送されてきます。



「模擬試験の結果を最大限利用する方法とは?」


総合得点や総合ランキングを確認して終わりにするのではなく、自分の弱点をしっかりと把握し、
そこを集中的に勉強していきます。かといって模擬試験全てを見直すのは時間がかかります。


送付されてきたカルテには各設問に関する詳細な分析が記載されています。「正解率」の項目
に目をやると正解率が高い問題がどういった問題であるか直ぐに分かります。


平均点以上の得点をマークするためには正解率の高い問題を確実に正解しなければなりません。
正解率が高いのに自分は間違っていたと落ち込む必要はありません。徹底的に勉強しましょう。



「基本は同じ事を繰り返すだけ」


逆に正解率が極端に低い問題は後回しでもいいわけですから、勉強の効率が飛躍的に高まり
ます。また、こうすることで高いモチベーションを維持することができます。


国家試験や卒業試験では、特別なことをやる必要はありません。上述した容量で自分の弱点
を見つけたならば、そこを重点的に勉強し、平均点を高めてあげれば良いだけです。


本番を迎えるにあたり、弱点を潰していくことで不安も解消されます。模擬試験は中々自分から
積極的に受けようとは思いませんが、是非有効なツールとして活用してみてください。


« | »

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。

« | »