「認定薬剤師制度とは?」


認定薬剤師は、認定薬剤師の認定に必要な研修を受講し、一定の単位を取得することによって
認定証が付与されます。こうした各分野における認定証を付与された薬剤師を指します。


なぜこのような制度が存在するのかといいますと、基本的に薬剤師は国家試験にさえ合格して
しまえば、薬剤師免許を更新することは以後ありません。更新制度そのものが無いんです。


ですので、国家試験にさえ合格してしまえば、その後は薬事に関する勉強を一切しなかったと
しても、薬剤師として働くことが可能です。しかし、こういった点が問題視されています。



「認定薬剤師制度が誕生した背景とは?」


医療と薬事の両方の分野の近年における急速な進化にともなって、それぞれの業務がこれまで
以上に細分化されることになり、どうしても専門的知識が必要となりました。


このため、薬剤師の免許を持っていても、薬事に関する勉強を怠っていては問題となるケースも
必然的に生じているため、薬剤師として責務を全うすることすら難しくなっています。


そこで様々な団体が薬剤師の生涯研修の場を設けることに乗り出します。そこで、一定の研修を
受講すると認定証を付与されることで、その薬剤師の知識と経験が一目で分かるようになります。



「認定薬剤師になるためのステップ?」


各種認定薬剤師となるには認定に必要な単位を記録するための「薬剤師研修手帳」を購入します。
そして、月に数回行われる研修を受講すると講習会と毎回受講シールがもらえます。


原則的に一枚につき一単位となっています。このシールを「薬剤師研修手帳」に貼り、40単位集ま
ると指定された手続きに従って認定証の申請を行います。そして、認定薬剤師となります。


こうした研修は必ず受けなければならないわけではありませんが、薬剤師免許には更新制度がない
ため、認定薬剤師の認定証が薬剤師の免許更新に代わる重要な指標となることが期待されます。



「薬剤師として理想の転職をバックアップします!」


薬剤師の転職は「 リクナビ薬剤師 」におまかせ下さい!。各種求人情報だけでなく、面倒な手続き
の代行、履歴書や職務経歴書の作成もキャリアアドバイザーが親切丁寧に指導してくれます!。


「リクナビ薬剤師」公式サイト>>


« | »

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。

« | »