「薬剤師が働ける職場で年収が一番高いのは?」


薬剤師の国家試験に合格したら、晴れて薬剤師として働くことができるわけですが、薬剤師
として働ける職場は主に「病院」、「製薬会社」、「調剤薬局」、「ドラッグストア」の4つです。


勿論上述した4つ以外にも薬剤師として勤務出来る職場は沢山ありますが、大雑把に分ける
とこの4つになります。そして、この中で最も年収が高いとされているのが調剤薬局です。


ドラッグストアは数年勤務して店長になれば高収入が見込めますし、製薬会社も営業職として
勤務すればかなり年収が高いですが、そうした条件を排除すれば調剤薬局がトップです。



「経験をつけることも大事!」


高年収が期待できるという点から学生の間では調剤薬局がダントツ人気のようです。しかし、
仕事には適性が求められます。全ての人が調剤薬局に向いているわけではありません。


大学でこれまで取り組んできたことを振り返り、自分が向いている職場を良く吟味する必要が
あります。研究に没頭したいと考えているなら、大学などの研究機関の方が向いてます。


薬剤師の仕事の良い点は他の業種と比較しても潰しが効きます。どのような職場であっても、
実際に働いた経験が必ず生きますので、希望する職場に就職できなかったとしてもネガティブ
に捉える必要は全くありません。経験をつけるために前向きに働きましょう!。



「職場を選ぶために徹底的に悩み抜きましょう!」


その他にも薬剤師として働ける職場として、血液センター、大学などの研究機関、調査を専門
に行う行政機関や保健衛生施設なども薬剤師の職場となりますが、行政機関や保健施設は
公務員として働くことになりますので、地方公務員上級試験に合格しなければなりません。


薬剤師の資格を持っているというだけでは、残念ながら何も前には進みません。大手の病院、
大手のドラッグストア、大手の薬局へ就職できれば、その分給料は良いかもしれません。


しかし、いくら大手でも必ずしも高額の年収が保証されているわけではありません。大手である
がゆえに配属される部署によっても差があります。収入よりも安定を求めるのであれば公務員
として国のために働くのも良いですね。悩んで悩みぬいて希望する就職先を決めましょう。



「最高の転職コンサルタントを探すなら?」

そのためにも転職コンサルタントというアドバイザーが絶対的に必要です。自分では自分自身
を客観的に見ることはできないからです。リクナビ薬剤師では、キャリアアドバイザーが転職
コンサルタントとして、手厚くサポートしてくれます。最高の転職はここから始まります!。


「リクナビ薬剤師」の公式サイトはコチラ >>


« | »

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。

« | »