「薬剤師は技術職でありながらサービス業でもある?」


薬剤師の仕事は多岐にわたっています。技術職としての面をもちながら、サービス業としての
面も併せ持っています。そして、時間内にこなさなければならない仕事が沢山あります。


まず、一日の仕事についてザックリ解説させていただきますと、医師の指示により作成された
処方箋が沢山入っていますので、これらの処方箋を順番通りにこなさなければなりません。



「とにかく仕事量が多い!」


これだけでも相当の技術が必要になります。そして、処方された薬を病院で受け取った経験が
あると思いますが、袋には5錠×3日分、 3錠×7日分と記載されています。


これの計算も薬剤師が行います。件数にして1日に何百件と処理しなければなりません。しかも、
薬物を取り扱っているわけですから間違えたら大変なことになりますので、ミスが許されません。



「広範囲における薬の知識が必要」


薬剤師は薬に関する知識が当然のことながら豊富です。しかし、複数の薬を併用して服用する
場合、どの薬とどの薬は一緒に飲んでよくて、どの薬が悪いのかといった知識が必要です。


「そんなの大学で習っていないよ!」といったことに沢山直面することになります。しかし、いくら
怒ってみたところで、前に進みませんので、分からないことは直ぐに周囲の人に尋ねましょう。



「薬剤師のサービス業としての側面とは?」


また、患者さんの中には難しいタイプの人が少なからずいますので、しっかり対応しなければなり
ません。問診票を書いたら急に怒り出したり、こちらからの問いかけに対して無視されたりします。


とにかく色々あります。薬剤師は、サービス業としての役割もこなさなければならないので本当に
大変なんです。いかに相手を怒らせずにスムーズに聞き取りを行えるかも必要な技術です。


これは、一朝一夕には身につきません。やはり、経験が物をいいますから、人と接するのが嫌いな
人は、全てが嫌に感じてしまうかもしれませんので難しいでしょう。



「薬剤師の転職は全て転職サイトにおまかせ!」


転職コンサルタント というアドバイザーが絶対的に必要です。「 リクナビ薬剤師 」は、履歴書
や職務経歴書の作成もキャリアアドバイザーが親切丁寧に指導してくれます!。


「リクナビ薬剤師」公式サイト>>

« | »

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。

« | »