「薬剤師は常に医師と患者の板ばさみ」


薬剤師は医師の指示に従って処方した薬を患者さんに正しく服用してもらうわけですが、医師
と患者さんの板挟みになることも少なくありません。実際にサービス業的役割が多いです。


薬剤師の方は薬学という大変難解な学問を必死に勉強してきたわけですが、実際の職場では
人との関わりが最も重要になります。慣れるまでは混乱することも多いでしょう。


「薬剤師になってこんなことをすることになるとは思っていなかった」と薬剤師としての仕事その
ものを否定したくなるかもしれませんが、その先に必ず薬剤師としての喜びがあります。



「クレーム対応も大切な仕事」


処方した薬に対して患者さんからのクレームを受けることもあります。そうした場面でも薬剤師
として冷静に対応しなければなりません。まず医師に患者さんにクレーム内容を伝えます。


医療のプロである医師は、それなりの理由があって薬を処方しています。その理由を薬剤師に
伝えます。この際に薬剤師はしっかりとその理由を把握しなければなりません。


なぜなら患者さんにその理由を正確に伝えなければならないからです。ここで下手を打ってしま
うと、患者さんから余計に不信感を持たれることになりますので十分注意してください。



「薬剤師の役割は非常に大きい!」


誠心誠意対応したにもかかわらず、患者さんを怒らせてしまうことも少なからずあります。そうなる
とこれまで勉強したことは一体なんだったのかと自分を責めたくなりますが、どんなことがあっても、
医療の世界において薬剤師は重要な存在であることに変わりありません。


例えば処方箋の入力ミスで間違った量の薬を患者さんに手配してしまうといったことも実際にあり
ます。当然のことなら適量以上に服用してしまうとかえって健康を害することになります。


薬剤師の方がみれば、おかしいなと直ぐに気づけます。薬のプロである薬剤師でなければ、こうした
ミスに気づけません。患者さんに安全に薬を服用してもらうために薬剤師の存在は欠かせません。



「薬剤師として理想の転職をバックアップします!」


薬剤師の転職は「 リクナビ薬剤師 」におまかせ下さい!。各種求人情報だけでなく、面倒な手続き
の代行、履歴書や職務経歴書の作成もキャリアアドバイザーが親切丁寧に指導してくれます!。


「リクナビ薬剤師」公式サイト>>


« | »

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。

« | »