「大きな責任感と誇りがあります!」


注射による薬剤投与は、薬剤師の力量が最大限発揮できます。注射による薬剤投与が最も
即効性がありますので、その効果を自分の目で確かめようと思えば十分できます。


勿論調剤するにあたって、常に神経を尖らせなければなりませんが、注射による薬剤投与を
行ったことによって、瀕死の状態にあった患者さんの命を取り留めるケースもあります。


それくらい責任も大きいですが、その場で患者さんの回復を目の当たりにできますので、仕事
としての充実感が高いため、調剤薬剤師の仕事に対して誇りに思っている方が多いです。



「患者さんが回復する姿を確認できる?」


薬の調剤は、薬剤に関する知識を持っている人がさらに詳しく薬について調べ、必要な分量を
細かく量って、調合していくのですが、その緻密さは本当に職人芸の域に達しています。


しかし、薬を調剤しているだけでは人間を助けているという実感が中々わきません。人命を救う
仕事として薬剤師の果たす力は非常に大きいです。命の大切さが最も分かる仕事の一つです。


他の職種の場合は、薬剤師さんが調剤した薬によって人が回復する姿を自分の目で確かめる
ことはできませんが、病院勤務の薬剤師さんはこうしたことが普通にできるのが魅力です。



「病院勤務の薬剤師になるには?」


薬剤師さんが調剤した薬剤が患者さんに投与されることによって命を取り留めることが出来たと
しったら、これほど喜ばしいことはありません。きっと命が救われた喜びで満たされますね。


病院勤務の薬剤師は、とてもやりがいのある仕事です。病院勤務の薬剤師として転職するので
あれば、是非薬剤師求人サイト「リクナビ薬剤師」を利用されることをご検討下さい!。


薬剤師として病院へ就職・転職を希望されている方は、是非一度登録してみてはいかがですか。
登録無料です。求人情報は豊富ですし、転職完了まで最大限サポートしてくれますよ!。


「リクナビ薬剤師」の公式サイトはコチラ >>


« | »

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。

« | »