「薬剤師資格の価値が年々高まっている?」


薬剤師が活躍できる場所が年々増えています。たとえばドラッグストア以外でも医薬品
を販売するスーパーやコンビニなどでも、薬剤師が常勤することになっています。


このため、求人の量は依然として増えています。今後さらに規制緩和されれば、薬剤師
の需要がさらに拡大することが予想されます。このため薬剤師資格がより高まります。


しかし、調剤専門薬局では、実際に薬を調剤しなければならないので、当然のことながら
知識だけでは不十分です。調剤の技術がどうしても必要なので、経験が重視されます。



「病院勤務の薬剤師は大変?」


しかし、どんなに神経をすり減らして正確に調剤しても、調剤された薬の効果を確認する
ことは出来ません。しかし、病院勤務の薬剤師はそれが可能なんです!。


病院では薬剤を注射による投与が頻繁に行われます。病院勤務の薬剤師は医師の処方
に従って調剤し、その場で注射によって薬剤投与しますので効果の程が分かります。


注射は即効性があるので、その効果も期待できますが、万が一、何らかの理由によって、
薬が患者さんに合わなかった場合、異常が出たり、命に関わる問題が生じてしまいます。



「病院での勤務経験は今後さらに高く評価される!」


患者さんが常時薬を服用している場合は、その薬を必ず確かめる必要があります。安易
に薬剤を投与してしまうと思わぬトラブルを招くので、薬剤師にかかる責任は重大です。


このため病院勤務の薬剤師の方は神経をすり減らしながら働く場面が少なくありません。
しかし、その分ほかの職種にはない薬剤師としての充実感もあります。


ですので、病院勤務の薬剤師に必要なのは経験と確かな知識です。そして、ここ最近は、
病院勤務の薬剤師の需要が急速に拡大しています。病院だけでなく、企業も多いです。


「リクナビ薬剤師」の公式サイトはコチラ >>



| »

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。

| »