「漢方薬剤師の現状とは?」


これから漢方薬剤師を目指す方も多いかと思いますが、漢方薬を取り巻く環境は決して良いとは
いえません。以前ほど漢方薬の人気が一般の人達の間でないため、需要そのものが低いです。


ですので、漢方薬剤師の需要も決して高くありません。大変な思いをして漢方薬剤師になれたと
しても、漢方薬剤師として働ける職場を探すのは決して容易ではありません。


漢方薬剤師として働くなら漢方薬を専門的に取り扱っている薬局が一番ですが、その数は決して
多くありません。利用する患者さんの側からすれば、保険がきかないので、手を出しにくいです。



「漢方薬剤師になるの大変?」


漢方薬剤師になるには、漢方薬だけを勉強すれば良いというわけにはいかないので相当大変です。
古来からある東洋医学に関する知識も不可欠なので、医療に関する深い知識が必要となります。


漢方薬剤師以外にも漢方薬・生薬認定薬剤師があります。こちらは、公益財団法人 日本薬剤師
研修センターと日本生薬学会が実施する研修を受けて試験を受けて合格しなければなりません。


試験に合格した後も三年ごとに更新する度に研修を受けなければなりません。また、単位が必要と
なるので、欠席すれば当然更新できなくなります。常にハードな勉強が必要となります。



「漢方薬剤師はなった後も大変?」


残念ながら、こうした研修制度が漢方薬剤師にとって都合よく変わる可能性は低いです。薬は人間
が健康に暮らするために欠かすことのできないものですが、場合によっては毒にもなります。


医師や薬剤師が担う責任は決して小さいものではありません。場合によっては法の場で責任を追求
されることもあるかもしれません。そうした事態を引き起こさせないためにも、薬剤師に限らず、医療
に関わる人達には常に医療に関する知識のアップデートが求められます。


残念ながら、一般の薬剤師の多くが漢方について、極端に知識が不足しているケースが少なくありま
せん。もし、患者さんの症状にあった漢方薬を提供できるようになれば、選択肢がより一層増えるわけ
ですから、医療の世界は、より開けることになると思います。



「漢方薬剤師への転職は転職サイトにおまかせ!」


転職コンサルタント というアドバイザーが絶対的に必要です。「 リクナビ薬剤師 」は、履歴書
や職務経歴書の作成もキャリアアドバイザーが親切丁寧に指導してくれます!。


「リクナビ薬剤師」公式サイト>>


« | »

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。

« | »