「調剤薬局薬剤師として働くには?」


調剤薬局で働く薬剤師を調剤薬局薬剤師といいます。ですので、調剤薬局薬剤師として働く
ためには、当然のことながら薬剤師国家試験に合格しなければなりません。


薬剤師になるためには、薬剤師国家試験を受験するには薬学部などの薬学専門の大学にて
6年間薬学に関する様々なことを勉強し、卒業することが条件となります。



「調剤薬局とは?」


調剤薬局は、処方箋の引き受けをメインに行います。調剤室を持ち、必要な施設基準を満たし、
薬剤師を配置します。また、市販されている一般の薬の販売も行なっています。


具体的には病院や診療所などの医師によって、患者さんに対して処方するようにと指示された
薬を実際に薬剤師が調剤したうえで患者さんに手渡すことになります。



「調剤薬局のメリットとは?」


これは女性だけでなく男性にもあてはまることなんですが、調剤薬局薬剤師のメリットの一つに
結婚などを理由に一度職場を離れた場合でも、比較的再就職がしやすい点があげられます。


基本的に女性が圧倒的に多い職場であるため、ご主人の転勤や子育によって長期間にわたって
求職しなければならないケースは決して少なくありませので、かなり貴重な職種です。



「調剤薬局薬剤師の求人状況」


薬剤師の就職・転職は、他業界が不況の影響で苦しむ中で長い間「売り手市場」が続いてましたが、
かなら状況が変わってきていますので、就職・転職するにあたって注意が必要です。


調剤薬局薬剤師は、正社員だけでなくパートやバイトで働く人も多いです。例えば大学院生の中には
日中は研究に没頭し、夜間や休日を利用してバイトとして働く人も多いです。


また薬剤師の資格を持つ主婦の方の中にも、お子さんが学校へ行っている間を利用してパートとして
働いているケースもあります。このため時間帯によってはバイト・パートの求人を探すのが困難です。



「薬剤師として理想の転職をバックアップします!」


薬剤師の転職は「 リクナビ薬剤師 」におまかせ下さい!。各種求人情報だけでなく、面倒な手続き
の代行、履歴書や職務経歴書の作成もキャリアアドバイザーが親切丁寧に指導してくれます!。


「リクナビ薬剤師」公式サイト>>


« |

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。

« |