「薬学部6年制課程により費用が大幅拡大!」



2006年に薬学部6年制課程が設置されたことにより、薬剤師国家試験の受験資格が6年制の過程
を終えた者、もしくは、旧4年制の過程を収めた者のみに付与されることとなりました。


これにより、2年も長く大学に通わなければならなくたったため、薬剤師になるまでにかかる費用が
大幅に増すことになりました。依然として不況が続く中で親御さんにかかる負担は相当なものです。



「薬科大学・薬学部を卒業するまでにかかる費用とは?」



そして、国立大学と私立大学とでは、年間にかかる学費が大きく異なります。ちなみに国立大学は、
大学・学部を問わず全国一律で入学金28万2,000円、年間授業料53万5,800円です。


一方、私立大学は通われる大学によって差が極端に大きく、例えば明治薬科大学の場合、入学金
が40万0,000円で、年間にかかる費用が229万0,000円となっています。


ですので、6年間通った場合は、国立大学が349万6,800円であるのに対し、私立の場合(明治薬科
大学の例)は、何と1,414万0,000円もかかります。約4倍もの差があります。



「様々な制度を上手に活用しよう!」



地方から東京の大学に通われた場合は、さらに生活費が余計にかかりますので、親御さんとしては
何が何でも国立大学に入学して欲しいと思うのではないでしょうか?。


そういった方のために、大学側は色々な制度を用意しています。もっとも一般的なのは特待制度です。
特待制度の中身位については、大学によって大きく異なりますが、授業料の大半が免除になります。


また、奨学金制度もありますが、これら一定の条件(成績など)をクリアしなければなりません。そして、
国の教育ローンというシステムを利用することもできます。こちらは、成績に関係なく利用できます。



「その他にかかる費用とは?!」



薬学に関する文献を沢山読破しなければなりません。これらの本は大変高価です。1冊2冊なら問題
ありませんが、6年間に相当数の本を購入することになりますので、これだけでも大変な額です。


そして、6年間一生懸命頑張って薬剤師国家試験を手にするわけですが、当然のことながら国家試験
は、ただでは受けられません。受験料として、およそ6,800円かかります。


« | »

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。

« | »