「薬剤師になるには?」



薬剤師の仕事と一口にいっても色々あります。その前に薬剤師になるための一連の流れについて
軽くふれさせてください。薬剤師になるには薬学部がある大学で6年間学ばなければなりません。


このため、普通に大学に通うよりも高額の費用がかかります。このため、国公立大学と私立大学
のいずれかを選ばなければなりません。現状から言えば就職には私立大学の方が有利です。


実際に私立大学の方が薬剤師としての就職率と国家試験の合格率が国立大学よりも高く、こうした
背景には、就職率や国家試験の合格率が下がることで入学希望者が減ることを避けるために私立
大学の方が全ての面においてより厳しく対応している点が要因としてあげられます。



「学生も私立大学の方が必死?」



私立大学は、国家試験対策を徹底的に行います。本気で全ての学生を国家試験に合格させようと
必死です。特に地方の大学は元々入学希望者が少ないため余計にこうした傾向が強いです。


事実卒業試験も国家試験より難しく設定しているところが少なくありません。つまり、もし国家試験
に合格できないようならば、卒業すらできない環境にあえて大学側は設定しているわけです。


こうした大学と生徒が一丸となって、国家試験の合格率を上げています。また、長引く不況の中で
学費を捻出するのは、親御さんにとって大変な負担です。このため子供にかける期待は大きいです。



「大学を選ぶさいの注意点!」



一方、国公立大学は、薬剤師の国家試験に合格するよりも、研究に力を入れる傾向が強いことから、
卒業後は、大手の製薬会社に勤務して医薬品の研究を続けたいと考えている学生が多いようです。


私立大学と比較すると卒業すること自体はもそれほど難しくありません。また、薬剤師になるための
国家試験対策につきましても、それほど力を入れていないので合格率もさほど高くはありません。


ですので、国公立大学と私立大学のどちらを選ぶかは、ブランドや学費面だけでなく、大学側の国家
試験に関する取り組み方や、卒業後の就職状況などに関しても、しっかり検討する必要があります。


| »

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。

| »