■病院が働きにくくなっている理由


病院は患者さんの病気を治療するところです。しかしながら、病院の調剤薬局に勤務
する薬剤師さんでさえ「うつ病」に苦しめられるケースが少なからずあります。


医療崩壊が叫ばれて久しいですが、慢性的な人材不足でありながら業務効率を高める
ことを求められ、病院で働く人達が「心の病気」を患うケースが年々増えています。


また病院には他の業界にはないカーストのような封建的な世界が根強く存在します。





■なぜ苦しめられているのか?


病院では医師の処方箋にしたがって薬を処方するのが薬剤師さんの仕事です。


独立した調剤薬局であれば、外来の患者さんと職場の薬剤師さんとの関係になるわけ
ですが、病院では看護師さんや医師の先生との関わりがそれなりに強いです。


人間関係が上手くいかないことも多く、 医師と患者さんの間に入って、 トラブルに
巻き込まれることもあり、それがうつ病の大きな原因となるストレスになります。





■病院の雰囲気に馴染めない


大きな総合病院の場合、一種独特の雰囲気がありますから、そうした病院の雰囲気に
馴染めな薬剤師さんも少なくありません。毎日強いストレスを感じてしまいます。


冒頭に申し上げた通り、病院によっては「封建的」な面が強すぎるところもあります
ので、強い圧迫感を受けて、「うつ病」を発症することとなります。


ほかの職種の方々と縦横無尽に交流が図れれば怖いものなしですが、ほとんどの方が
激務をこなさなければならないので、そうした余裕がないのが現状です。


【 もっといい環境で働こう! 】 薬剤師専門サイトで見つける好条件求人 >>



« | »

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。

« | »