「臨床開発モニター(CRF)とは?」


企業で働く薬剤師さんが増えています。とくに規制緩和によって製薬業界は業界の再編が
進み、外資の割合が増えたことによって、事業の取り組み方が大きく変化しました。


これまで事業の大半を自社で行うのが一般的でしたが、外資の製薬会社の多くが治験など
を外注するケースが多いため、これに合わせる形で治験の需要が一気に拡大しました。


このため治験関連企業で働く薬剤師さんが増えています。治験で薬剤師の資格を活かせる
仕事の一つに臨床開発モニター(CRA)があり、医薬品の開発に携わる重要な仕事です。



「臨床開発モニターの仕事とは?」


臨床開発モニターは、治験を依頼する製薬会社の立場から、治験がきちんと定められている
基準(GDP)通りに行われているか、監視するのが主な仕事で、非常に重要なポジションです。


治験は医療関係者を中心に沢山の職種の人達とかかわります。まず臨床開発モニターは、
担当する複数の医療機関を定期的に訪問しなければなりません。


そして、治験に関する打ち合わせを行うわけですが、治験終了までに行わなければならない
各種手続きが山のようにあります。それだけ臨床開発モニターの役割は重要です。



「なぜ臨床開発モニターは激務なのか?」


臨床開発モニターの仕事を簡単にまとめると、副作用情報や効能などの医薬品発売許可を
取得するために必要なデータを収集し、症例報告書(CRF)の確認および回収を行います。


治験は規模が大きいと被験者を数万人以上集めて行うので、治験終了までには膨大な時間
と費用がかかります。当然のことながら責任も大きいですが、やり甲斐があります!。


基本的に臨床開発モニターとして病院内で被験者と接する機会はほとんどありませんが、
医師と接したり、カルテを読むこともあるため、医学的な知識や経験が必要です。



「臨床開発モニター(CRF)として転職するなら?」


転職コンサルタントというアドバイザーが絶対的に必要です。自分では自分自身を客観的に見る
ことはできないからです。「リクナビ薬剤師」では、キャリアアドバイザーが転職コンサルタント
として、手厚くサポートしてくれます。最高の転職はここから始まります!。


「リクナビ薬剤師」の公式サイトはコチラ >>


| »

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。

| »