「臨床開発モニター(CRF)に求められる物とは?」


臨床開発モニターの仕事の大半は事務作業です。当然のことながら事務処理能力が欠け
ていては仕事になりません。このため職人タイプの方は窮屈に感じるかもしれません。


治験を成功させるカギは臨床開発モニターが握っています。それくらい臨床開発モニター
が治験で果たす役割は非常に大きいです。ですので、その分責任が大きくなります。


また、医師や治験コーディネーター(CRC)とは常に連絡をとり合って情報交換を行います
ので、医療に関する知識と高いコミュニケーションスキルが求められます。



「なぜ薬剤師が多いのか?」


臨床開発モニターとして働いている方の多くが治験コーディネーターと同じく、過去に薬剤師
や看護師として勤務された経験がある方が大半です。特に薬剤師の方が多いです。


治験の現場では医療や薬学に関する知識不足が問題となっているため、確かな経験のある
薬剤師さんが常に求められています。特に専門知識に長けている人材が求められています。


医学や薬学の進歩するスピードは衰えるどころから日々早くなっているので、それに合わせ
るのが非常に困難な状況になっています。今後もこうした傾向が強まりそうです。



「臨床開発モニターの将来的な需要について」


臨床開発モニターが勤務する受け皿としては圧倒的に製薬会社が多いです。製薬会社から
治験業務をアウトソーシングとして請け負う開発業務受託機関(CRO)も多いです。


当然のことながら新薬を開発するには莫大なコストがかかりますし、長期間に渡って検証を
繰り返すことになります。このため治験業務を出来る限り抑えたいと企業側は考えます。


ですので、国内の製薬会社の多くが2000年以降治験業務を外注化することによって、経費
削減と開発期間の短縮を同時に行っているため、CROの市場規模は拡大を続けています。



「臨床開発モニター(CRF)として転職するなら?」


転職コンサルタントというアドバイザーが絶対的に必要です。自分では自分自身を客観的に見る
ことはできないからです。「リクナビ薬剤師」では、キャリアアドバイザーが転職コンサルタント
として、手厚くサポートしてくれます。最高の転職はここから始まります!。


「リクナビ薬剤師」の公式サイトはコチラ >>


« |

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。

« |