臨床薬剤師は難易度の高い手術に欠かせない!




■臨床薬剤師は今後さらに求められる!


臨床薬剤師は、より高度な薬剤師としての専門知識が求められます。


このため毎日真面目に働けば良いというわけにはいきません。残念ながら


常に勉強しないと新しい知識の習得が困難です。


このため仕事とプライベートの「 オンオフ 」の切り替えが非常に難しいです。


そうした中で「臨床薬剤師」の地位は、一般的な薬剤師よりも高いとされていますが、
残念ながらアメリカの臨床薬剤師ほど大きな権限はありません。


またアメリカのように臨床薬剤師になる特別な資格がありません。


このため臨床薬剤師を目指す学生さんに対する教育が非常にお粗末です。


また臨床薬剤師を受け入れる側の医療機関や企業の待遇にばらつきがありすぎます。


このため、臨床薬剤師としての地位が依然として確立されていません。


【 もっといい環境で働こう! 】 薬剤師専門サイトで見つける好条件求人 >>






■難易度の高い手術には欠かせない存在!


依然として日本ではチーム医療が浸透していませんが、現場では分業化が進んでます。


しかし反対に地方の大きな総合病院では、かなり遅れをとっています。


実際に患者さんが手術を受けるにあたり、「麻酔科」をはじめ色々な科の医師が手術
に立ち会っていますが、実際に薬に関する知識に乏しい医師もいます。


その場合は、その病院で患者さんの手術を担当している医師と、薬の知識を有してる
薬剤師が手術室に患者さんの手術中に常駐することになります。


手術中、患者さんは麻酔が効いているので動きはしませんが、手術による負荷を受け
ているため、容態が常に変化しています。それにあわせて薬で調節するわけです。


こうすることで謝った薬を使用することはありませんので、トラブルを防ぎます。





■今後さらに活躍の場が増える!


手術によって難易度が異なります。あまりにも高度手術を行う場合、より大きな負荷
を患者さんにかけてしまう可能性があるので、薬で抑える必要があります。


こうした場面では、より臨床薬剤師の価値が高まります。


メディアの論調があまりにも偏っているため、いつの間にか医療ミスが厳しく問われ
てしまう時代において、臨床薬剤師の役割は非常に大きいです。


すでに臨床薬剤師がいなければ手術できないケースまであります。


こうした理由から、臨床薬剤師は非常に重要な存在です。


今後さらに需要が拡大することが予想されている中で、臨床薬剤師を育てようとする
動きが見られません。大学側がもっと積極的に育てていくべきですね。


【 薬剤師限定 】 最短3日で年収200万円アップ!! >>



コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。