■チーム医療に欠かせない存在!


病院に勤務する臨床薬剤師は、医師の先生を筆頭に一つのチームが組まれ、その一員
として働くわけですが、服薬に関して患者さんと接する機会が当然あります。


また場合によっては医師との橋渡し役も行います。


このため高いコミュニケーション能力がどうしても必要になります。


入院している患者さんの内服薬や注射の払い出しを行なったり、内服薬の調剤を行い、
直接患者さんへ配薬を臨床薬剤師自ら行っている病院もあります。


病衣での臨床薬剤師に求められる役割は非常に重要であるため、仕事に対するやりがい
は非常に大きいですが、強いストレスを感じる方も少なくありません。


【 もっといい環境で働こう! 】 薬剤師専門サイトで見つける好条件求人 >>






■患者さんの治療を支える役割について


患者さんの治療における医薬品が占める割合は非常に大きいです。


入院患者さんの内服指導も臨床薬剤師が行わなければなりません。


しかし、分業化が進む前は看護師さんが入院患者さんの服薬指導を行っていました。
幅広い知識を持つ臨床薬剤師が行なうことで色々な面で良い効果をもたらします。


患者さんが無事病院を退院したあとも特定の薬を服用しながら治療は続きますので、
どこの病院でも臨床薬剤師は、なくてはならない大変重要な存在です。





■求められる役割は年々高まっている!


多くの病院で臨床薬剤師を迎え入れる体制が整っています。


臨床薬剤師が増えることで、医師の先生や看護師さんの負担が軽減されます。


「 チーム医療 」がこれまで以上に重要になっていることから、臨床薬剤師は病院側
にとっても大変ありがたい存在なのですが、臨床薬剤師の数は不足してます。


高騰する医療費の問題を軽減する役割として期待する声もあるだけに、高度な知識と
スキルを身につけたいと考える薬剤師さんに臨床薬剤師を目指して頂きたいです。


ただし依然として日本ではアメリカのように臨床薬剤師が高い地位にはありません。
しかし、活躍の場が確実に広がっているので、社会的に評価されることでしょう。


【 薬剤師限定求人 】 キャリアアップしたい薬剤師さん必見! >>



« | »

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。

« | »