■臨床薬剤師に求められる役割とは?


病院における臨床薬剤師の仕事は非常に重要です。


分業化によって臨床薬剤師の活躍の場は確実に広がっています。


入院患者さんへの服薬指導を行いながら、薬剤内容についてしっかりと説明します。
また薬剤の投与計画を行うのですが、高いコミュニケーション能力が求められます。


看護師が当たり前のように入院患者に対して服薬指導を行っていた時代には、「薬」
に関する知識に乏しく、きちんと説明できないことも少なくありませんでした。


このため問題となるケースが多かったわけですが、「薬」の専門家である臨床薬剤師
によって、こうした問題は以前と比べれば飛躍的に改善されています!


また薬物療法の重要性が高まっているので、臨床薬剤師の役割は非常に重要です。


薬を服用するにあたって問題となるのが、「 副作用 」です。


【 もっといい環境で働こう! 】 薬剤師専門サイトで見つける好条件求人 >>






■トラブルを防ぐためにもコミュニケーション能力が大事!


どんなに「薬物療法」によって、それまで苦しめられていた「症状」が改善されたと
しても、、副作用による他の症状に苦しめられたのでは何の意味もありません。


このため臨床薬剤師は、患者さんの血中濃度データから、副作用を最小限に抑えて、
最大の効果が得られる血中濃度を設定したうえで投与量を割り出します。


臨床薬剤師は、医療チームの一員として、医師とコミュニケーションを取りながら、
患者さんの治療を進めていくため、医師から助言を求められることも多いです。


適切なアドバイスを行うには確かな知識と経験が求められます。


また色々な場面で橋渡し役的なことを行わなければなりません。


このため、高いコミュニケーション能力がどうしても必要です。





■コミュニケーションの基本は聞くこと


臨床薬剤師は調剤業務を行うことに関しては一般の薬剤師と何ら変わりありません。
しかし、あらゆる面で高度なコミュニケーション能力が必要になります。


特に病院では入院患者さん、場合によってはそのご家族とのコミュニケーションが、
非常に大切です。調剤業務のみを行っていれば、ここまで必要ではありません。


実際の臨床現場では、言った言わないで大きなトラブルとなることがあります。


患者さんの立場に立って考えたつもりでも、薬剤師が意図することが全く患者さんに
伝わらず、むしろ押しつけがましいと敬遠されてしまう場合が多いです。


これはコミュニケーションをとるうえで最も大切とされる「人の話をしっかり聞く」
ことが出来ないためです。話すことを中心に考えるとこうなってしまいます。


そうではなく、患者さんの心の中を理解するために、しっかり聞くことが大切です。
そうすることで互いに信頼関係が生まれ、薬物治療の効果が高まります。


【 薬剤師限定 】 最短3日で年収200万円アップ!! >>



« | »

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。

« | »