臨床薬剤師が今後主流の職種となる理由について




■今後臨床薬剤師が劇的に増える?


2006年から薬学部が六年制に移行したことで、これまで大学院でしか学ぶことが
できなかった薬学に関する高度な知識を身につけることが出来るようになりました。


実際にこれまで以上に医療の現場で役立つ知識を学ぶ機会が増えています。


このため多くの学生がより専門性の高い仕事に就くことを希望しています。


ですので「 臨床薬剤師 」が今後急速に増えることが予想されます。


また、医療分業化が進んでいることから、臨床薬剤師を受け入れる病院が今後さらに
増え、臨床薬剤師が活躍する場は今後さらに増えることが期待されています。


【 薬剤師限定 】 最短3日で年収200万円アップ!! >>





■製薬会社の厳しい現状による影響


一方、製薬会社の新卒求人は今後劇的に増える可能性は低く、良くて横ばいです。


大手製薬会社で研究・開発に携わりたいと検討している学生は依然として多いです。


しかし、国内の大手製薬会社の多くが経営面で大変厳しい状況にあります。


医学部が4年制のころは、大手製薬会社に就職できるならと、「 新卒の身 」であり
ながら、営業職でもいいから応募したいと考える学生が少なくありませんでした。


しかし今では六年制になってしまったので、そこまでして大手製薬会社に入社したい
と考える人は少ないです。今後さらにこうした傾向が強まることでしょう。





■臨床薬剤師が主流となる時代が来る?


事実「薬学部」でなく、一般の学部を卒業されて、製薬会社に営業職として就職する
学生が多いわけですから、薬学部の学生からすれば受け入れがたい事実です。


研究・開発職に関しては医薬品市場が劇的に拡大しない限り増えそうにありません。


いずれにしても、臨床薬剤師が今後主流の職種になる可能性は高いです。


臨床経験を積むことによって、病院や調剤薬局だけでなく、治験などにも生かせます
ので、これまで以上にキャリアチェンジが容易になると予想されます。


数年前まで薬剤師過多が叫ばれていました。


このため将来に不安に感じていた方が非常に多かったんです。


しかし規制緩和と社会が急速に変化していることから、臨床薬剤師を筆頭に活躍の場
が確実に広がっていますので、今後劇的に解消される可能性が高いです。


【 もっといい環境で働こう! 】 薬剤師専門サイトで見つける好条件求人 >>



コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。