■製薬会社勤務の臨床薬剤師の役割とは?


臨床薬剤師として製薬会社に勤務する場合、その仕事の大半は「薬学」に関する様々な
ことを研究しますので、医薬品業界全体の発展にその持てる力を注ぐことになります。


株式を上場している大手製薬会社は、当然のことながら一定の成果を常に株主から求め
られますので、研究職一人ひとりに対しても同様に求められるものが大きいです。


臨床薬剤師として特別な資格はありませんが、研究職においても大学院に進学したり、
海外留学で薬学に関する一段高い知識を学んでいる方が少なくありません。


ですので、臨床薬剤師の多くが意識の高い方が圧倒的に多いので、刺激になります。


【 薬剤師限定 】 最短3日で年収200万円アップ!! >>






■厳しい環境の中で切磋琢磨しなければならない


大手製薬会社の研究職の方が大学などの研究機関よりも賃金は高く設定されています。


求められるものが厳しい分、それに対する報酬は高いのは、ある意味当然です。


大手製薬会社の研究職の魅力はこれだけではありません。厳しい「環境」の中で揉まれ
ながら研究したことが、そのまま自社製品に反映される点に大きな魅力があります。


臨床薬剤師の仕事は研究だけではありません。薬学を中心に新しい「知識」を吸収する
ために、皆さん必死で多方面にわたって情報収集を行っています。


研究した内容を学会に発表するまでには、トライ・アンド・エラーを繰り返しながら、
根気よく研究を続けなければなりません。向き不向きが極端な仕事です。





■臨床薬剤師として働く魅力とは?


調剤薬局に勤務する薬剤師さんの仕事は「 調剤業務 」以外にも、患者さんと直接対面
することも多いわけですが、研究職として働く臨床薬剤師の場合は少々異なります。


研究結果をまとめて学会で発表するため、「 学会 」相手に働いているといっても過言
ではありません。学会で認められなければ、世に出すことは出来ません。


特に権威の高い学会で認められれば、その名は一躍広がります。


こういった点も臨床薬剤師として働く大きな魅力の一つです。


【 もっといい環境で働こう! 】 薬剤師専門サイトで見つける好条件求人 >>



« | »

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。

« | »